• TOP
  • 芸能
  • 真矢ミキ、限定50個のパンに7番目に並び目の前で完売体験

芸能

2017.05.30 11:00  女性セブン

真矢ミキ、限定50個のパンに7番目に並び目の前で完売体験

「行列に惹かれる」という真矢ミキ

 情報番組『ビビット』(TBS系)のMCなどを務める元宝塚のトップスター・真矢ミキ。今回は、「行列に惹かれる」という彼女が、今までの“行列体験”を語る。

 * * *
 行列があると、ついつい並んでしまうのはなぜだろう。

 たとえばデパ地下での一コマ。どのお店につながっているのかも定かでないのに、とりあえず列につく。前の方に「これ、なんの行列ですか?」と聞き、「違ったかも…」と用事を思い出したように列から去ったり。

 そう、私は行列に惹かれる。並べばいつか入れる飲食店やアトラクションのような行列も楽しみなのだけれど、できれば人数が限られた行列が好きだ。先日もお目当ての人気パン屋さんで数時間ごとに焼きあがるコーンパンの列に並んだ。モチモチした生地の中に溢れんばかりのコーンが顔を出し、何ともおいしいのだ。ただ、“お1人様10個まで”と太い黒字で書いてある。この限定の規則こそわが心を燃え上がらせる。ゴクリ。ヤル気なのか空腹なのかわからないような喉も鳴る。

 私にたどり着くまで7人のかたが間にいる。ただしパンは“焼きたて50個限定”…正直、微妙です。単純計算で、1人10個購入してしまえば私に当然コーンパンは回ってこない。でも、わからない…10個もいるかな、普通のご家庭? と、ここから心理戦は始まる。列の前を見れば優しそうな女性におじ様、おばあ様ではないか! 「後ろも並んでいるし…私は2個でいいわ」「私も私も」みたいな考えは起きないものか…妄想が膨らむ。7人の内、5人が5個以下の購入なら、私まで回ってくる可能性は大、または何故か皆さんが1~3個とかまでなら…ありえないかぁ。期待と願望と抑圧の目で前のかたがたを見つめる。そうこれは一種の賭けなのだ。いや、これこそ忖度の場なのだ。

 私は心の中で、1個でもいいから何とかたどり着きますようにと1つ、また1つとパンを取り上げるかたがたの手元に目を落とし集中する。さぞかしトングを持ち取り上げる手は重かったことでしょう。しかし結果。「10個ください」「私も10」「10で!」と、それはそれはみなさまサクサクと迷いもせず10個ずつお買い上げになるではないですか! 従って私の前の前のかたでわかりやすく50個は跡形もなくなり、強制終了となった。チーン。買えなかった者だけが残る行列を、各々解散する時ほど寂しい時はない。あ、恥ずかしくて全く違うチョココロネなんか買った。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス