• TOP
  • ビジネス
  • 日本郵政や東芝… 日本企業M&Aはなぜうまくいかないのか

ビジネス

2017.05.30 16:00  週刊ポスト

日本郵政や東芝… 日本企業M&Aはなぜうまくいかないのか

 さらに、シナジー(相乗)効果を生むのはもっと難しい。M&Aをしても1+1=2のままなら、最初から別々に経営したほうがよいという話になる。二つの会社が一つになることによって、たとえば売り上げを2.3に増やしつつ、コストを1.7に抑えられれば、利益が0.6増える。それがシナジーというものだ。

 しかし、私が見る限り、合併してシナジー効果があったケースはほとんどない。下手に被買収企業のコストを削ろうとすれば、反発が起きてサボタージュしたり、都合の悪い数字などを隠したりする。

 また、A社とB社が合併したからといってA社のセールスマンにB社の商品、B社のセールスマンにA社の商品を一緒に売らせて売り上げを増やそうとしても、現実には至難の業である。営業や販売というのは、それほど単純なものではないからだ。

※週刊ポスト2017年6月9日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス