• TOP
  • 国内
  • 安倍首相に自民党内から「鳩山さんに似てきた」との批判

国内

2017.07.04 07:00  SAPIO

安倍首相に自民党内から「鳩山さんに似てきた」との批判

なぜか中国との関係改善に前向きに 共同通信社

「お灸ってさ、すごく熱く感じる場所と、そうでもないところがあるでしょ。都議選のお灸は、自民党にとっては熱くないんだよ」

 都議選の選挙活動に携わった自民党細田派議員は、投票日前、独特の言い回しでそう語った。

「加計疑惑」や豊田真由子代議士の「ハゲーーーッ!」絶叫暴言などの影響で選挙期間中から劣勢が伝えられ、“一強の自民党に都民からお灸が据えられる”ことを覚悟している、ただし都議選で負けても党にとって致命的なダメージではない、という意味らしい。

 細田派は安倍首相の出身派閥。敗北を見越した上で、総理を守るためにハードルを下げておきたいという意図の表れだ。組織に綻びが見えると、内部分裂が始まる。どこにでも見られる風景だが、他派閥を含め党内でも強い求心力を保っていた安倍氏に、このところ身内から批判の矢が飛び始めた。額賀派(=平成研究会、旧経世会)議員が、こんな言い方をして党内で物議を醸している。

「最近の総理の言動が、鳩山さんに似てきているんじゃないか」

 もちろん、鳩山由紀夫・元首相のことである。政治信条はまったく逆のように思えるが、どこがどう似ているというのか。理由の一つとされているのが、対中政策だ。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス