• TOP
  • ライフ
  • シニア世代の新・男女関係「ソフレ」って何なの?

ライフ

2017.07.07 16:00  週刊ポスト

シニア世代の新・男女関係「ソフレ」って何なの?

「ソフレはもともと性行為を求めない草食系の若者の増加とともに生まれた男女関係。それが、体力や性機能の低下でセックスが難しくなったシニア世代にも普及した。初めはお互い性交渉を持とうと試みたものの成功に至らず、それでも精神的なつながりはなくしたくないと考える高齢者も多い。そのような場合、肉体的な満足の代わりに、添い寝をすることで精神的な充足や安心を得る人が多いようです」

◆セックスをしない安心

 妻と死別した後、仕事先で同年代の女性と出会った50代男性・A氏はいう。

「初めは食事をするだけの仲でしたが、私は妻がいない寂しさ、彼女は仕事が忙しい夫に相手にされない寂しさを埋めるため、夜も一緒に過ごすようになりました。何回か性行為を試みましたが、私は年のせいか、最後までできないことが多かった。それでも、彼女が『夜隣で一緒に寝られるだけで安心する』と言ってくれたのです。それからは『添い寝するだけ』の関係になりました」

 このようにして「ソフレ」になるケースが多いというが、初めから性交渉を持とうとしないカップルも少なからずある。高校の同窓会で再会した既婚女性とソフレ関係になったという60代既婚男性・B氏が語る。

「彼女と会ったのは20年ぶりぐらいでしたが、お互いに映画鑑賞が趣味とわかって意気投合し、後日、映画デートをすることになりました。

 以後、映画デートを重ねていましたが、ある日、ディナーを楽しんだ後にかなり会話も弾んでいい雰囲気に。酔いが回った勢いもあり、彼女に『抱きたい』と思い切って伝えました。すると、『抱いたらこの関係は終わりに向かいますよ。体ではなく、心を抱いてください。体はいつでも抱けますから』といわれたのです。でも不思議と『拒絶された』という感情は沸かず、簡単に体を許さない行動に新鮮さを覚えました」

関連記事

トピックス