• TOP
  • 国内
  • 元山口組の猫組長 現在、悠々自適の暮らしができる理由

国内

2017.08.03 16:00  週刊ポスト

元山口組の猫組長 現在、悠々自適の暮らしができる理由

山口組三次団体の組長だった猫組長

 一昨年の山口組分裂以降、メディアに頻繁に登場する元ヤクザの一人が「猫組長」(53)である。元山口組の幹部であり、分裂騒動に前後して山菱のバッジを手放した。その後は「元山口組」という肩書きで発言し、注目を集めている。

 2015年12月に引退した猫組長は、山口組三次団体の元組長だ。その名が知られるきっかけになったのは同年8月、六代目山口組と神戸山口組に割れた分裂劇の直後から、「猫組長」のアカウント名で組織の内部情報をツイッターで次々と発信。

〈ほんまに割れた〉
〈昨日まで兄弟分だったのが今日からは敵。皆んなどうしてるのか〉

 など、内部の者しか知り得ない情報が話題を呼び、フォロワー数は5万8000人を超えている。

 現在、猫組長は裏社会と金融に関する雑誌連載を持ち、『山口組分裂と国際金融』(渡邉哲也氏との共著・徳間書店)などの著書を執筆するほか、今年6月には『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)にコメンテーターとして出演。山口組の分裂騒動について、意見を述べていた。猫組長が引退時についてこう振り返る。

関連記事

トピックス