• TOP
  • ライフ
  • 夏の健康ランチ 素麺と冷やし中華どっち選ぶ?

ライフ

2017.08.06 07:00  週刊ポスト

夏の健康ランチ 素麺と冷やし中華どっち選ぶ?

「素麺1人前はご飯1膳よりカロリーは多いものの、腹持ちが悪いため、ついつい食べ過ぎてしまう。しかし、素麺自体にはビタミンやミネラルなどの栄養素はほとんど含まれていません。一緒に副菜を摂るなどの工夫が必要です。

 同じ麺類なら、野菜をたくさん乗せて食べる冷やし中華のほうが健康管理に適している。特にキュウリやトマトなど旬の夏野菜は、ビタミンやミネラルに加え、水分が多く含まれているため、脱水症状や熱中症の予防にもなります」

 食欲減退の夏といえば、「カレー」も出番が多くなる。グルメ雑誌でも夏になると盛んにカレー特集が組まれるが、これも食べ過ぎには要注意だ。

「香辛料たっぷりのカレーは、胃を刺激して食欲や消化機能を高める効果があります。でも、冷たいものを摂りがちな夏は胃腸が弱まっている人も多く、そこに香辛料を摂りすぎると、弱った胃粘膜への過度なダメージとなる。

 また、夏のスタミナ食の代名詞、ウナギも胃腸には優しくありません。脂が乗っているため消化に時間がかかる」(同前)

 もはや“熱帯”となった日本の夏。普通に生活しているだけで暑さによるダメージは蓄積されてしまう。自分の体が「弱っている」ことを踏まえたうえで、対策を取ることが肝要だ。

※週刊ポスト2017年8月11日号

関連記事

トピックス