芸能

竹内涼真 『過保護のカホコ』ピリピリ現場で高畑充希を支える

高畑充希と竹内涼真の仲が急接近!?

「ありがとう、素敵な人を好きになれてよかった」の言葉を残して、連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)から主人公・みね子(有村架純)の恋人“島谷さん”が消え、日本中の女性が悲しみに暮れている。そんな最旬イケメン・竹内涼真(24才)の「特別な人」とは!?

「島谷ロス」を嘆く女性ファンたちが、竹内の雄姿を見ることができるのがドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)だ。竹内は高畑充希(25才)演じる世間知らずの女子大生・カホコの同級生で、カホコを親から自立させようと厳しく接する画家の卵・麦野初を好演している。

 ドラマの中では、麦野に恋をしたカホコが告白するという展開を迎えているが、実際の撮影現場でもふたりの仲が急接近しているという。ドラマ関係者が声を潜める。

「カホコの母親役の黒木瞳さん(56才)と祖母役の三田佳子さん(75才)の間には、31年前に共演した際に確執がささやかれたこともあって、ふたりの間にはピリピリした空気が張り詰めています。

 そのせいか普段は明るい高畑さんも緊張気味。でも、そんな高畑さんを支えているのが竹内さんなんです。年齢は竹内さんの方が下なんですが、やはり長男ということもあってかお兄ちゃんキャラなんです。現場がどんよりとした雰囲気のときには、竹内さんが高畑さんにイタズラしたり、ちょっかい出したりして。高畑さんも竹内さんとのシーンのときはテンションが高めで、彼に甘えていますね」

『過保護のカホコ』の撮影は、朝方に関東郊外の大学で行われることが多い。

「大学に通う一般の学生さんもいるんですけど、ふたりがじゃれあっているときなんかは、本物の大学生カップルと見間違うほど、仲がいいですよ」(同前)

 7月30日、行われた写真集『1mm』の握手会で「特別な女性はいますか?」と聞かれると、「いたとしても、ここで“いる”って言うと思いますか」と報道陣を煙に巻いた竹内。もしかして高畑との距離が、「1mm」の射程圏内に入った!?

※女性セブン2017年8月17日号

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン