芸能

紗栄子 前澤氏と別れ渡英、息子は王室が通う超セレブ校へ

羽田空港から英国のヒースロー国際空港に向かう紗栄子

 紗栄子(30才)が交際していた会社経営者・前澤友作氏(41才)との関係を解消し、息子とともにイギリスに移住することが発覚した。

 7月下旬の週末、午前10時過ぎ。夏休みとはいえ、まだ海外渡航者は少なく、羽田空港の国際線出発ロビーは人もまばらだった。1人の女性が真っ赤なスーツケースを引っ張り、エレベーターをゆっくりと上がってくる。ロングトレーナーにデニム、ニーハイブーツを身にまとい、丸めがねとキャスケットでアクセントをつけた紗栄子だった。颯爽と歩くその表情は、どこか吹っ切れている。乗り込んだのは、英国のヒースロー国際空港行きの便だ。

「彼女の2人の息子は、数日前に紗栄子さんの両親に連れられてロンドンに到着しています。紗栄子さんは仕事の都合で、あとから追っかけるように旅立ちました」(紗栄子の知人)

 彼女が乗り込んだのは民間機。パートナーである前澤友作氏のプライベートジェットではなかった。実は、日本を離れるにあたって、紗栄子は重大な決断をしていた。ひとり機内の中で、何を思っていたのか。

 2007年に当時北海道日本ハムファイターズに所属していたダルビッシュ有(30才)と電撃婚。2008年に長男、2010年に次男を出産したが、価値観の違いから2012年1月に離婚した。その後、出会ったのが前澤氏だ。ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』などの運営会社「スタートトゥデイ」の社長である前澤氏は、株だけで年間数十億円稼ぎ、総資産4000億円といわれるスーパーセレブ。事情を知る芸能関係者の話。

「当初から結婚前提の交際で、紗栄子さんは左手薬指に婚約指輪をしていました。海外のパーティーで前澤さんは、“マイ・フィアンセ”と彼女のことを紹介していた。前澤さんのマンションに紗栄子さんと子供たちが一緒に暮らし、同じマンションの別室には紗栄子さんの両親も暮らしていました。それだけ家族ぐるみの信頼関係があったんです」

 前澤氏の地元である千葉県には、「100億円愛の巣」と呼ばれる新居が建設中で、紗栄子と前澤氏のゴールインは近いと見られていた。だが、周囲にとってはあまりに唐突に、ふたりの愛にピリオドが打たれた。

関連記事

トピックス

結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《別居生活3年》田中美佐子“格差婚”から28年、湘南の自宅から姿を消して…Take2深沢邦之に起きていた「異変」
NEWSポストセブン
結婚宣言した玉村昇悟ときらら(時事通信、きらら本人のインスタグラムより)
【「はい、そうです」堂々結婚宣言】広島カープの若手ホープ・玉村昇悟投手が人気TikTokerと“極秘おめでた婚”していた
週刊ポスト
“厳重注意”に終わった広末
《W不倫報道》広末涼子、本人は反論の意向も事務所が“厳重注意”に至った理由「出会って3か月」の衝撃
NEWSポストセブン
市川猿之助の俳優は
【俺は特別な存在だ】市川猿之助、顕著になっていった公私混同 人気俳優との共演計画は頓挫
女性セブン
逮捕されたガーシー容疑者の裁判の行方 国外逃亡、名誉毀損の被害の大きさ、悪質性の高さで実刑の可能性も
逮捕されたガーシー容疑者の裁判の行方 国外逃亡、名誉毀損の被害の大きさ、悪質性の高さで実刑の可能性も
女性セブン
上岡龍太郎さん、引退後の第二の人生 芸能人との交流を拒絶し選んだ9才年下の愛妻との静かな生活
上岡龍太郎さん、引退後の第二の人生 芸能人との交流を拒絶し選んだ9才年下の愛妻との静かな生活
女性セブン
【独占告白】金子賢が芸能界引退宣言「もう普通の仕事しかしてません」 金銭トラブルの法廷闘争が泥沼化
【独占告白】金子賢が芸能界引退宣言「もう普通の仕事しかしてません」 金銭トラブルの法廷闘争が泥沼化
女性セブン
伊藤容疑者(本人のTwitterより)
【留置場の28歳パパ活女子に面会取材】「乱倫パーティの参加者は大事な仲間だった」 被告が明かした「49歳男性を刺すまでの“東京での1年間”」
NEWSポストセブン
女優の広末涼子(左/時事通信フォト)とアーティストのキャンドル・ジュン氏(右/インスタグラムより)
「あなたは家事の全貌を知らない」広末涼子がW不倫報道の直前にもらしていた夫キャンドル・ジュン氏への不満
NEWSポストセブン
W不倫が封じられた女優・広末涼子(左/時事通信フォト)と人気シェフ・鳥羽周作氏(右/Twitterより)
【W不倫報道】広末涼子のお相手の素性 フレンチの革命児で「ハレンチシェフネットワーク」を結成、4年連続一つ星の“シズる男”
NEWSポストセブン
射殺された組長は司組長の出身母体の傘下組織だ(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
【心臓マッサージの場面も】六代目山口組ラーメン店組長射殺 事件直後のヒットマン映像が出回る
NEWSポストセブン
始球式に登板した稲村は基本ノーバン(時事通信フォト)
《基本ノーバン》稲村亜美の球速が激減、2年間もマウンドから遠ざかる「始球式の女王」「神スイング」は今 
NEWSポストセブン