• TOP
  • 国内
  • リア充代行業 50万円使って「いいね!」は通常の50倍

国内

2017.08.10 07:00  女性セブン

リア充代行業 50万円使って「いいね!」は通常の50倍

代行業者を使って“サプライズ誕生日パーティー”を演出した女性の話(写真/アフロ)

 ドアを開け、真っ暗闇の部屋の電気をつけようとしたその瞬間、突如クラッカーが鳴り響く。「おめでとう!」。明かりのついた室内はリボンとバルーンで飾りつけられ、中央のテーブルには巨大なケーキと豪華な料理…。

 7月中旬のある夜、都内の超高級ホテルの一室で、前田歩さん(仮名・35才、IT企業勤務)の“サプライズ誕生日パーティー”が開かれた。集まったのは30代前後の男女15名。皆がシャンパン片手に祝福のメッセージを述べると、彼は嬉しそうにはにかんだ。

 宴の後、前田さんはパーティーの写真をフェイスブックやインスタグラムに投稿。すると、通常の50倍以上の「いいね!」がついた。

 だが、実際には前田さんとお祝いしたパーティーの参加者に面識はなく、二度と会うことはない──。

 この1週間前、前田さんはある業者を訪れていた。そこで相談したのは、自分の誕生日パーティーの段取りや、集まってほしい友人の人数、雰囲気、服装などの詳細だった。

 相談を受けた業者は依頼通り“友人”男女15人をパーティーに派遣。冒頭のパーティーは“やらせ”だったのだ。

「とにかくSNSで『いいね!』が欲しい。そんなぼくにぴったりのサービスでした」

 そう話す前田さんの承認欲求を満たしたのは、「リア充代行業者」。今、全国各地から依頼が殺到しているという。

 今回、スタッフを派遣した「ファミリーロマンス」の石井裕一社長が言う。

「もともと一日恋人役をやってもらうレンタル彼氏、レンタル彼女の派遣をし、好評を得ていたのですが、昨年春ごろから『SNSにリア充感のある写真をアップしたいので、人を派遣してほしい』との依頼が増えたので専用のサービスを始めました。依頼者の希望するシチュエーションに応じて“スタッフ”を1人につき2時間8000円で派遣。場所代や飲食代はすべて依頼者に負担してもらいます」

 冒頭の前田さんはフルコースの料理や会場となった部屋、ケーキやクラッカーを全て自分で用意。一晩で50万円以上使い切った計算になる。だが、高額な料金にもかかわらず、依頼者の5割近くがリピーターだ。

関連記事

トピックス