国際情報

先進都市・中国深センを彷徨う若き廃人と貧民街の実態

ネットカフェでオンラインゲームに興じる若者たち

 中国・深センは、中国の経済成長の象徴のような都市である。しかし、その底辺をみれば、現実に夢も希望もない、仮想世界に逃げる若者たちが社会問題化しつつある。ノンフィクションライター・安田峰俊氏による現地レポート。

 * * *
「わたし、いちど香港に行ってみたい」

 広東省深セン市郊外の龍華新区にあるマッサージ店。きわどい服装で私の足ツボを押す女の子がそうつぶやいた。雲南省の農村出身で、中学卒業からの出稼ぎ生活は9年目になるという。

 一昔前と違い、いまや中国人の香港通行証は誰でも取れる。だが、この街の住民の多くは、わずか10km先の香港に決して行けない。

「通行証は、数年に一度しか帰らない地元(戸籍所在地)の役所でしか申請できない。つまり無理よね」

 そう話す彼女はやがて、私の鼠径部に手を伸ばした。総額198元(約3300円)で秘密のサービスがあるというのだ。だが、詳しい身の上話を聞いた以上、やや気が引けるような……。

──バンッ!!

 突然、個室のドアが開き、顔を出した男性店員が「逃げろ!」と叫んだ。ガサ入れだ。彼女は血相を変えて部屋から出ていったが、私はマッサージパンツを着替える途中で公安(警官)に踏み込まれ、情けない姿を撮影されてしまった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン