• TOP
  • スポーツ
  • 藤田菜七子 騎乗ドタキャンの裏に未成年飲酒騒動関与

スポーツ

2017.08.18 16:00  週刊ポスト

藤田菜七子 騎乗ドタキャンの裏に未成年飲酒騒動関与

人気ジョッキーに思わぬ騒動が…

 人気沸騰中の女性騎手・藤田菜七子(20)が8月12~13日のレースに騎乗しなかったことがファンの間で波紋を広げている。

 藤田は、16年ぶりに誕生したJRA生え抜きの女性ジョッキーとして昨年デビューした期待の新人。今年は海外遠征時を除いて毎週騎乗しており、8月5~6日にも6鞍騎乗し2勝をあげたばかり。

 その翌週の突然の欠場に、関係者も困惑している。彼女を高く評価し、自身の馬に騎乗させていた、実業家のDr.コパ氏は、ツイッターで「なぜ今回は菜七子騎手じゃないんですか?」との質問に、「菜七子ちゃんの都合で今週騎乗できないんです」と返事している。

 藤田が欠場した8月12、13の両日、彼女の同期である木幡巧也騎手(21)も欠場している。木幡も前週の土日合わせて13鞍に騎乗し、重賞レースで初勝利を達成したばかりだった。

 大活躍中の若手2人が同時に“ドタキャン”。何があったのだろうか。それに関係していると見られるのが、藤田のもう一人の同期である菊沢一樹騎手(19)だ。今年すでに11勝をあげている若手のホープだが、8月3日にJRAから9月1日までの騎乗停止処分を受けている。

 JRAは菊沢の処分について「ふさわしくない非行のあった者」としか公表していないが、その内情についてスポーツ紙競馬担当記者が明かす。

「原因は未成年飲酒だそうです。菊沢は過去にも飲酒トラブルを起こし、所属厩舎から騎乗自粛とされたことがあります。そうした経緯があり、今回は約1か月間の騎乗停止という重い処分が下ったのでしょう」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス