スポーツ

最新スポーツ記事のRSS

ゴルフクラブはフィーリングでなく「フィッティング」で選べ

2017.08.26 16:00

 各メーカーが独自の理論で「飛ぶ」「曲がらない」と謳うゴルフの新作ドライバー。しかしどれが自分に合う

 各メーカーが独自の理論で「飛ぶ」「曲がらない」と謳うゴルフの新作ドライバー。しかしどれが自分に合うのかがわからないうえ、シャフトとの組み合わせまで考えれば選択肢は何千通りに及ぶ。この中からどうやってクラブを選べばいいのだろうか。クラブデザイナーの松尾好員氏がアドバイスする。

「最近、米国では新興メーカーの『PXG』が時間をかけたフィッティングをするクラブ販売でシェアを広げています。ショップやメーカーのフィッティングを経て、自分のスイングに合うヘッドやシャフトを決めるのが世界的な流行。カスタムシャフトになる可能性が高く価格は高くなるかもしれませんが、自分のスイングのクセも分かっていいと思います」

 今回、本誌記者はミズノ東京店の「ミズノゴルフスタジオエスポート」を訪れた。クラブフィッティングの重要性にいち早く着目し、2001年からフィッティング事業を始めたミズノでは、この夏より「3球の試打でスイングにマッチしたクラブを弾き出す」という新しいシステムをスタートさせている。

 測定に使われるのが、ミズノが新開発したセイコーエプソン製の「シャフトオプティマイザー3D」だ。

「スイングを構成する9要素(ヘッドスピード、スイングテンポ、トウダウン、前反り角、しなり係数、インパクトライ角、シャフトリーン角、アタック角、フェーストゥパス角)を3球の試打で測定することができます。

 これまでデータを手で入力していたものが、専用アプリケーションと連動しているためタブレットに解析結果が即座に表示されます。より短時間で、より正確なフィッティングが可能となりました」(ミズノ認定クラブチーフフィッター・上原剛氏)

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP