• TOP
  • 国内
  • 10年に及ぶ抗がん剤治療の男性を笑顔で看取った家族の思い

国内

2017.08.28 16:00  女性セブン

10年に及ぶ抗がん剤治療の男性を笑顔で看取った家族の思い

在宅看取りの名医・小笠原文雄さん

 岐阜県にある書店・自由書房で発売以来10週連続ベストセラー1位を記録する(6月19日~8月27日。書籍部門)など、話題沸騰中の『なんとめでたいご臨終』。在宅看取り1000人以上の名医・小笠原文雄さんが、自宅で最期を迎えた人たちの奇跡と笑顔のエピソードを綴ったものだ。

 編集部には読者から続々と感想が寄せられている。その中で、「私もこんなふうに旅立ちたい」「こんなふうに看取ってあげたい」という声に続いて多いのが、「本当にこんなことがあるの?」という驚きや疑問だ。それもそのはず。

 本書には、大切な人を看取った直後に、ご遺体を囲んで家族が「笑顔でピース!」…そんなにわかに信じがたい光景が、写真とともに数多く綴られているのだから。

 本書「旅立ちは大好きなコーヒーと」で紹介した根岸貴範さん(仮名)とそのご家族もその一例。根岸さんが亡くなった直後に、ご遺体を囲んで奥さん、お義母さん、娘さんが著者らと一緒に笑顔でピースしている写真が収録されている。

 愛知県に住む根岸さんは悪性リンパ腫などになり、10年にわたって苦しい抗がん剤治療を行っていた。しかし、「夫はもう心身ともに限界」だと思った奥さんが、小笠原さんが院長を務める岐阜県の小笠原内科に相談に訪れた。抗がん剤を続けるかどうか、その選択は決して簡単ではなかったが、小笠原さんの在宅医療を受けながら、家族とともに最期を自宅で過ごすことを決断した。

 そして根岸さんは今年1月15日の朝、奥さんが見守る中、穏やかな顔で旅立った。それは、根岸さんが大好きだった、奥さんの煎れたコーヒーの香りが部屋に広がる中でのことだった。

 どうして笑顔でピースの写真が撮れたのか。奥さんから編集部に届いた手紙には、読者の驚きや疑問に答える「笑顔でピースをした理由」が綴られていた。掲載の承諾が得られたので、ここに掲載したい。

関連記事

トピックス