• TOP
  • ライフ
  • 糖質制限すると糖尿病になる! 衝撃データを公開

ライフ

2017.09.12 11:00  週刊ポスト

糖質制限すると糖尿病になる! 衝撃データを公開

◆インスリンを作れない!

 糖質摂取を減らすことが健康法として注目される半面、「糖質制限で糖尿病になる」という説は近年、世界の研究機関が懸念するテーマとなっていた。

 豪メルボルン大学のラモント教授が2016年に科学雑誌『nature』オンライン版に発表した論文によると、「低炭水化物食」(糖質制限食)を与えたマウスは、インスリンを生成する「β細胞」の機能が減少していた。

「糖質制限を始めるとインスリンの分泌が減り、生成元である『β細胞』の活動が低下する。使わないと衰える筋肉と同じように、ある程度の期間、糖質制限を継続すると、休み過ぎでβ細胞の機能低下を招きます。そうなると、糖質を摂取した際に、インスリンを分泌できなくなり、高血糖状態になってしまう」(前出・高田氏)

※週刊ポスト2017年9月22日号

関連記事

トピックス