芸能

高橋一生、星野源、横山裕…数字をもってる「36才男子」

いま数字をもってるのは36才男子

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、今旬の「36才男」に注目。

 * * *
「数字もってる」=視聴率を稼げるタレントを、日々テレビマンたちが血眼で探しているように、雑誌編集者らも「誰を表紙にすれば、誰の特集を組めば売れるのか」と日夜必死に考えている。

 昨今、女性人気が急上昇している男性タレントには、「共通点がある」と某女性誌編集長がいう。

 それは今年36才だということ。たとえば昨秋、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に出演し、その主題歌『恋』が大ヒット。大ブレイクし、「睡眠時間1時間」と女性週刊誌に報じられたばかりの星野源。

 そして『カルテット』(同)でメジャーとなり、『おんな城主 直虎』(NHK)で、柴咲コウ演じる“おんな城主”との絆に生きた小野但馬守政次を演じ、CM契約社数を急上昇させている高橋一生も36才だ。

 そんな高橋は、先月20日、『~直虎』で壮絶な死を遂げ、世の女性に「政次ロス」が広がっている。果たして放送回3日後に発売された“追悼アルバム”ともいうべき『鶴のうた』は、サントラ盤としては異例の2.5万枚を売り上げているという。

 そして、36才の横山裕(関ジャニ∞)が表紙やグラビアに登場した『anan』のSEX特集が「いまも売れている」と女性誌編集者の間でおおいに話題となっている。

 発売は8月9日。通常、翌週には新しい号が書店に並ぶ同誌だが、特集によっては継続して販売されるうえ、横山が登場したSEX特集は「通常の4倍ほど刷っている」とのことで「まだまだ動いている」というのだ。

 横山は、関ジャニ∞のメンバーとして全国区であることは間違いないが、いまや全曜日にレギュラーをもつ村上信五や、メインボーカルともいうべき渋谷すばる、イケメンとして人気が高い大倉忠義や錦戸亮に比べると、やや目立たない存在だった。

 それが『anan』で、淋し気な表情や優しい笑顔、約2年間、鍛えてきた腕や肩、胸などに「実は横山くんをいいと思っていた」とカミングアウトした女性がSEX特集を買いまくったというのである。

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン