芸能

紅白 安室出演は絶望的で隠し玉はルミ子、加山、百恵さんか

最後の紅白は幻に終わる?(写真:時事通信フォト)

 本番まであと2か月半となった大晦日の風物詩『NHK紅白歌合戦』。期待されるのは、引退を電撃発表した安室奈美恵(40)の“最後の出演”だが、どうやら交渉は難航しているようだ。NHK局員がいう。

「上田良一・NHK会長は10月5日の定例会見で“そういう皆さんに喜んでいただける展開になればいい”と前向きなコメントをしたものの、安室さんの出演は絶望的な状況です。昨年は彼女の『Hero』がリオ五輪のテーマ曲だったことから上層部が出演を頼み込んだが、実現しなかった。今年も安室サイドは“自分をずっと見守ってくれたファンのために歌うことが優先”という姿勢のようで、交渉は進んでいない」

 となれば、代わりの「目玉」はどうなるのか。高視聴率を記録した朝ドラ『ひよっこ』の主題歌を歌った桑田佳祐(61)も有力と見られているが、こちらも問題山積。

「毎年恒例の横浜での年越しライブがすでに組まれているため、コンサート会場からの中継に限られる。3年前にも同様の形で出演しているので新味はない。“目玉”というにはちょっと……という声もある」(同前)

 そこでNHKは様々な“隠し球”を用意すべく動いているようだ。まずは今年「詳しすぎるサッカー解説」で注目を集めた小柳ルミ子(65)。別のNHK関係者がいう。

「来年の大河ドラマ『西郷どん』に出演し、代表曲は今年亡くなった作曲家・平尾昌晃さんの『瀬戸の花嫁』と『わたしの城下町』。いまだオールドファンの支持は高い。ベテランでは、今年傘寿のメモリアルイヤーだった加山雄三さん(80)も検討されている。『24時間テレビ』で『さよならの向こう側』をカバーした、山口百恵さんの息子、三浦祐太朗さん(33)も有力候補です。もし百恵さんが何らかの形でサプライズ出演となれば最大の目玉になるのですが……」

 例年「視聴率40%」を死守できるかの攻防が繰り広げられている紅白。キャスティングの必死さはよく伝わってくるが、結局は「昔の名曲」に頼らざるを得ない?

※週刊ポスト2017年10月27日号

関連記事

トピックス

問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
中谷美紀
中谷美紀「2010年からお砂糖を摂取していません」砂糖断ち生活で何が変わるのか
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
女性セブン