「彼は事故の直前、中井パーキングエリア(神奈川県足柄上郡)で嘉久さん一家とトラブルを起こしていた。出口付近に駐車し、車の往来をふさいでいた石橋容疑者に対し、嘉久さんは通り際に注意したそうです。これに激昂した石橋容疑者は、以後1.4kmにわたって嘉久さんの車を執拗に追跡し、蛇行しながら邪魔をし続けていた」(全国紙記者)

 事故後、石橋容疑者は警察の任意の取り調べに対して、「向こうにあおられて、パッシングされたため停車した」と証言していた。だが神奈川県警は現場を通行していた260台以上の車を割り出し、目撃情報とドライブレコーダーの映像を収集。石橋容疑者の証言には偽りがあり、彼の行動によって事故が起きたとして逮捕に踏み切ったのだった。

「嘉久さん夫婦が亡くなった直接の要因は追突したトラックにあり、63才の運転手が過失運転致死罪で逮捕されています。一方で警察は収集した証拠から石橋容疑者が“事故が起きる状況をつくった”として、罪を問えると判断したのです」(前出・全国紙記者)

 警察を動かした最大の要因は、生き残った嘉久さんの長女・A子さんの証言だった。A子さんは事故が起きた直後、車内から友人に電話をかけ、現場の状況を克明に説明していたのだ。A子さんから電話を受けた友人の父親が語る。

「息子が電話を受けたのですが、泣いていてただ事ではないというので、私が代わりました。『お母さんが運転していて、何度進路を変えても前を塞がれて、最後は止められちゃった』と。男には『全員降りろ』と言われたそうですが、恐怖のあまり、妹と一緒に車の中でずっと泣いていたようです。嘉久さん夫妻が車を降りた直後にドーンと後ろから強い衝撃があって、思わず目をつむってしまい、気づいた時には両親の姿が消えていたと言っていました。

 緊急の事態だと直感でわかったので、とにかく車外に出ないこと、電話を切らずにこのままにしておくことを伝えました。A子さんは私の言うことには冷静に対応していました」

 彼はA子さんとのやりとりをその場で携帯にメモしており、そこには事故現場の状況が克明に書かれていた。事故後にTBSの取材に答えたA子さんは、石橋容疑者から、「けんか売ってんのか」「高速道路にお前を投げてやろうか」などと恫喝されていたことを明かし、「殺されるかと思った」と証言している。文子さんが語る。

「A子は本当に強い子で、小さい頃から人前では絶対泣かなかった。それが、カメラの前で大粒の涙を流して…。もう見ていられませんでした。A子は警察にも同じ証言をしてそれがきっかけで捜査が動いた。あの娘の強さが、真実の解明を導いたのです」

※女性セブン2017年11月2日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト