芸能

朝ドラで「保奈美vs京香」 現場ではただならぬ緊張感

朝ドラで鈴木京香と久々の共演

「京都のええとこのお嬢さんが駆け落ちやなんて、よろしありますんか?」(姑)
「お恥ずかしい限りどす」(母)
「では、お連れ戻しに?」(姑)
「あの子は勘当した身。許す気はありまへん」(母)

 大阪弁と京都弁で繰り広げられる女のバトル。視線をそらさない緊迫したやりとりには、演技を超えた“何か”がほとばしっていた──。

 初週以来、3週間ぶりに週平均視聴率が20%の大台を超えたNHKの連続テレビ小説『わろてんか』。現場では、「立役者は鈴木保奈美さん(51才)と鈴木京香さん(49才)の2人でしょう。あのバトルにむけて、盛り上げてきたかいがありました」(NHK関係者)ともっぱらだ。

 旅芸人の藤吉(松坂桃李・29才)と駆け落ちした京都の老舗薬問屋の娘・てん(葵わかな・19才)。大阪にある藤吉の実家の老舗米問屋・北村屋に身を寄せるが、藤吉の母・啄子(京香)は結婚を認めず、てんを女中扱いする嫌がらせを続ける。

 10月27日放送回では、そのことを知ったてんの母・しず(保奈美)が北村屋を訪れ、冒頭のように激突したのだ。

「使いものにならへんかったら、煮るなり焼くなり、河原に捨ててもろてもかましまへん!」(保奈美)
「ほな、遠慮のう仕込まさしてもらいまひょ。今までは少ぉし、手加減させてもらいましたよって!」(京香)

 両者一歩も引かぬ7分も続いたバトルに、ネットには《迫力ありすぎ》、《鈴木対決にしびれた》といった書き込みが相次いだ。

「衣装は保奈美さんが金色の和服に紫の羽織。一方の京香さんは質素倹約をモットーにしているお姑さんですから、シンプルで地味な着物。ですが、豪華な衣装の保奈美さんに負けないようになのか、背景に庭の緑を映し、あえて逆光にして“後光”がさしていました。衣装対決としては“引き分け”でしょうね」(前出・NHK関係者)

 撮影前から現場には緊迫感が漂っていた。

関連記事

トピックス

留任となった茂木敏充・幹事長(時事通信フォト)
【内閣改造の内幕】茂木敏充・幹事長の留任の裏に麻生副総裁との「来年の総裁選への不出馬密約」あったか
週刊ポスト
堺雅人(時事通信フォト)
《アクマゲーム》『VIVANT』超え狙う日テレ、水面下で社運賭けて制作する「新ドラマ」の全容
NEWSポストセブン
だいたひかる、がん治療と不妊治療の命懸けの両立 がん患者に伝えたい「乳がんになっても妊娠は不可能ではない」
だいたひかる、がん治療と不妊治療の命懸けの両立 がん患者に伝えたい「乳がんになっても妊娠は不可能ではない」
女性セブン
壮絶な少年時代を送っていた姫野和樹(時事通信フォト)
【日本代表・姫野和樹】貧しかった少年時代「道具代があまりかからない」とラグビー部に入部、選手としての成功が“希望の光”に
週刊ポスト
01-01
山口真由さんが語る「自分の弱点」と「経験できなかった青春」 『スラムダンク』『白線流し』に夢中
NEWSポストセブン
西川のりお(2021年5月撮影)
「僕は与党を脅かす、野党の漫才師になりたい」芸歴50年超・西川のりおが語る「けったくそ悪い」の精神
NEWSポストセブン
天海祐希(時事通信フォト)
《延期中》映画『緊急取調室』市川猿之助の代役難航、年内の公開断念「主要キャストの年内スケジュールも取れず」
NEWSポストセブン
昨年は甲子園に出場した村田浩明監督だが…
【ブチギレ音声/「頭がおかしいんじゃねぇか!」】名門・横浜高校野球部の村田浩明監督 試合後、球児に怒号で現場騒然 ハラスメント行為かの問いに学校の見解は
週刊ポスト
羽生結弦(写真は2022年)
【全文公開】羽生結弦を射止めた「社長令嬢のバイオリニスト」実家は“安倍元首相との太いパイプ”の華麗なる一族
女性セブン
ゆたぼん
ゆたぼん「中学校に登校宣言」と「父親ブロックで“親離れ”」YouTuberとしての未来はどうなるのか
NEWSポストセブン
フジ・宮司愛海アナ(右)と常田俊太郎氏
【全文公開】フジ・宮司愛海アナ、東大卒実業家兼音楽家と育んでいた半同棲愛 本人は「うふふふ」
週刊ポスト
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦と結婚の末延麻裕子さんの関係は“憧れのプルシェンコ”にリンクする 「スケーターとバイオリニストの相性はいい」
NEWSポストセブン