芸能

上戸彩、長澤まさみ…「隠れ」という言葉が誕生した背景

今では母となった上戸彩

 9月発売の『an・an』で元TBSアナウンサー・田中みな実の“肘ブラヌード”が掲載され話題になった。何よりも驚かされたのは、意外なほどに豊満なバストだった。

 これまで彼女は巨乳だとファンの間で噂されていたが、その真偽のほどは定かではなく、噂の域を出なかった。それが白日の下にさらされたわけだが、「隠れ巨乳」は彼女だけに限ったことではない。

 そもそも「隠れ…」とは何なのだろうか。その定義をTV美女評論家の八木晶王氏は、「肌や胸を売りにしていない女性が実は巨乳の持ち主だったとわかったとき/予測されるときに用いられる言葉です」という。グラビアアイドルやセクシー女優のように自分の肌や体を見せる職業でない女性の身体の秘匿性や神秘性がカギだという。

 必然的に、過去に一度でも水着グラビアなどに挑戦した人は、体をすでに見せているので基本的には除外されるという。「隠れ」の存在が注目されるようになったのはいつからか。

「2000年代前半から『隠れ巨乳』という言葉が生まれました。巨乳という言葉がメディアで使われ始めたのは1980年代から1990年頃のことです。当時は雑誌グラビアの全盛期で、有名女優やアイドルもヌードや水着に挑戦しました。

 しかし、2000年代に入る頃には、水着グラビアに頼らずに演技力だけで人気を得る若手女優がもてはやされる時代になりました。上戸彩、宮崎あおい、長澤まさみといった女優志向で肌を『見せない』女性が多く出てきたと同時に『隠れ』という言葉が生まれたのです」(八木氏)

◆写真/ロケットパンチ

※週刊ポスト2017年11月10日号

関連記事

トピックス

麻生太郎内閣で官房長官を務めた河村建夫氏(時事通信フォト)
官房機密費問題で河村建夫・元官房長官が重大証言「馳浩氏は発言撤回すべきではなかった」「私のときは麻生首相から“あそこに渡してくれ”と指示があった」
週刊ポスト
大学内のコンビニで買い物をされることもあるという(10月、東京・港区。写真/JMPA)
卒論提出間近の愛子さま、皇族の悲恋を描く『源氏物語』に夢中 不安定な登場人物に「親近感がある」と告白
女性セブン
永野の登場に泣き出すファンも多かった
永野芽郁の武道館イベント、坂口健太郎や斎藤工らがお忍び観覧 ビデオメッセージでは呼び捨て、兄妹みたいな“めいたろう”コンビ
女性セブン
《騒動拡大》『24時間テレビ』募金着服に怒りが広がる理由 視聴者が抱いていた「番組のあり方への疑問」に再点火も
《騒動拡大》『24時間テレビ』募金着服に怒りが広がる理由 視聴者が抱いていた「番組のあり方への疑問」に再点火も
NEWSポストセブン
羽生結弦(写真は2022年)
【ミニスカ、恋愛歴も】羽生結弦にとって想定外?「元妻Aさんの過去情報」も離婚理由になったか 
NEWSポストセブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
検査入院したという神田正輝
《旅サラダの当面休養を発表》神田正輝、病院嫌いになった生命力への絶対的自信「谷底に落下」「血まみれから回復」
NEWSポストセブン
2017年4月から『おはスタ』にレギュラー出演しているハライチの岩井勇気(岩井勇気SNSより)
ハライチ岩井と元おはガールでも話題の「年の差婚」 捨てられる不安を口にしない人はいない
NEWSポストセブン
GACKT
《『翔んで埼玉』GACKTの高校時代》常連「餃子の王将」前で卒アル撮影、滋賀県人として過ごした知られざる姿「学ラン」「チャリ通」「いつも斜め45度」
NEWSポストセブン
ハラスメント行為が報じられた安楽(時事通信フォト)
《楽天・安楽パワハラ騒動》遠征先で「女を呼べ!」 複数の現役選手らが決意の告白「あの人と野球をするのは限界だった」深夜の飲食店で後輩に大声で説教も
NEWSポストセブン
羽生結弦
羽生結弦、離婚の真相 元妻にとって「想像とは異なる新婚生活」“アスリート妻”としての役割与えられなかったか
女性セブン
実は結婚していたNHK吉岡真央アナ
【遠距離で結婚生活】NHK『ニュースウオッチ9』吉岡真央アナが「極秘結婚」していた お相手は高知放送局時代の「穏やかな先輩局員」
週刊ポスト