• TOP
  • 芸能
  • 上戸彩、長澤まさみ…「隠れ」という言葉が誕生した背景

芸能

2017.11.04 07:00  週刊ポスト

上戸彩、長澤まさみ…「隠れ」という言葉が誕生した背景

今では母となった上戸彩

 9月発売の『an・an』で元TBSアナウンサー・田中みな実の“肘ブラヌード”が掲載され話題になった。何よりも驚かされたのは、意外なほどに豊満なバストだった。

 これまで彼女は巨乳だとファンの間で噂されていたが、その真偽のほどは定かではなく、噂の域を出なかった。それが白日の下にさらされたわけだが、「隠れ巨乳」は彼女だけに限ったことではない。

 そもそも「隠れ…」とは何なのだろうか。その定義をTV美女評論家の八木晶王氏は、「肌や胸を売りにしていない女性が実は巨乳の持ち主だったとわかったとき/予測されるときに用いられる言葉です」という。グラビアアイドルやセクシー女優のように自分の肌や体を見せる職業でない女性の身体の秘匿性や神秘性がカギだという。

 必然的に、過去に一度でも水着グラビアなどに挑戦した人は、体をすでに見せているので基本的には除外されるという。「隠れ」の存在が注目されるようになったのはいつからか。

「2000年代前半から『隠れ巨乳』という言葉が生まれました。巨乳という言葉がメディアで使われ始めたのは1980年代から1990年頃のことです。当時は雑誌グラビアの全盛期で、有名女優やアイドルもヌードや水着に挑戦しました。

 しかし、2000年代に入る頃には、水着グラビアに頼らずに演技力だけで人気を得る若手女優がもてはやされる時代になりました。上戸彩、宮崎あおい、長澤まさみといった女優志向で肌を『見せない』女性が多く出てきたと同時に『隠れ』という言葉が生まれたのです」(八木氏)

◆写真/ロケットパンチ

※週刊ポスト2017年11月10日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス