• TOP
  • 芸能
  • 水戸黄門 篠田麻里子の入浴シーン、由美かおるとの違い

芸能

2017.12.07 16:00  NEWSポストセブン

水戸黄門 篠田麻里子の入浴シーン、由美かおるとの違い

入浴シーンが話題の篠田麻里子

 6年ぶりに復活した国民的時代劇『水戸黄門』(BS-TBS・毎週水曜19時~)。同作でおなじみとなっているのが、くノ一の入浴シーンだ。由美かおるが演じてきたことで知られるが、今作で挑戦したのは篠田麻里子(31才)。どんな入浴シーンを演じたのか? 時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが、由美らとの決定的な違いについて解説する。

 * * *
 そんなわけで「入る入る」と聞きつつ、なかなか実現しなかった『水戸黄門』篠田麻里子の入浴シーンが第9話にやっと登場。20年以上、シリーズの取材を続けている私としては、この入浴シーンについてしっかりと考えてみたい。

 そもそもの物語は、水戸黄門こと水戸光圀(武田鉄矢)と助さん(財木琢磨)、格さん(荒井敦史)、風車の弥七(津田寛治)一行が、八戸を目指して東北を世直し旅するというもの。詩乃(篠田)はその途中で会ったくノ一。正体を夫に知られ、哀しみの余り、海に身を投げた…と思ったら、記憶喪失に。光圀暗殺を請け負った悪い忍びの頭(中村嘉葏雄)に洗脳され、ご老公の命を狙う。

 そして迎えた第9話。またまたご老公暗殺の計画を練る頭たちのすぐ近くの風呂で入浴する詩乃が! 頭は一言「お前の出番だ」。湯煙の中で腕など流しながら、やっぱり思いつめたような詩乃。これで入浴終了。

 これだけ!? 多くのファンの渇望感をあおる結果となったが、ドラマ的にはこれは珍しい入浴シーンなのである。これまで由美かおる、その後を継いだ形の雛形あきこら、『水戸黄門』の先輩たちの入浴には、たいてい「目的」があった。

 スケベな悪代官を風呂場に誘導し、お湯を大量噴射してやっつけたり、脱いだ着物から重要証拠の書付を抜き取ったり。時には事件について口を閉ざす娘とともに入浴し、「ここは女同士で」とリラックスしたところで聞き取り調査などしていたのだ。

コメント 1

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス