グラビア

2017年重大ニュース【グラビア】田村英里子の伝説が甦る

2017年のグラビアニュース1位は

 2017年も『NEWSポストセブン』では数多くの記事を紹介し続けてきた。その中から編集部が、ネットで反響の大きかった記事を中心に、巷の重大ニュースとは、ひと味違う2017年の「重大ニュース」を厳選した。

 ここでは【グラビア】編ベスト10を紹介。トップ3の記事については、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が解説する。(以下「」内は中川氏のコメント)

●グラビア編1~3位

【1位】

田村英里子が伝説のカレンダー写真を振り返る(撮影:野村誠一)

■田村英里子ロス発インタビュー、伝説カレンダーを振り返る(7月)

「インターネットに掲載された情報の大部分はここ15年ほどの出来事ですが、田村英里子さんが活躍していたのはそれ以前のこと。ネットにはそれほど情報がないまでも、一時代を築いた人にまつわる情報というのは、これからも出していきたいものだ、と改めて思うほどたくさんアクセスされた記事となりました」

【2位】

今から13年前、19歳時の橋本マナミ(撮影:橋本雅司)

■橋本マナミ、19歳時の未公開フォト発掘に「恥ずかしい…」(4月)

「30代になり、アンニュイさと大人の色気を体全体から醸し出している橋本さんですが、健康的かつ明るい雰囲気に満ちた写真を4枚紹介しています。雰囲気は異なるものの、当時から美人であることには変わらないな、と思う方も多いでしょう」

【3位】

NHKの杉浦友紀アナ(撮影:ロケットパンチ)

■本当はスゴイ? 女子アナ「隠れ巨乳」列伝、局アナ編(10月)

「このような企画が成立する理由は、“女子アナの胸は小さいもの”という世間の思い込みがあるからではないでしょうか。これは“高学歴女性なのに胸が大きい”的な話にも繋がってきて、若干世間の偏った目も感じてしまうところがあります。ネットでは過去に“美人すぎる海女”や“美人過ぎる市議”などが話題になりましたが、職業に対する偏った見方も残っているのでしょうね……」

【4位】

「いいお尻だね」と言われることも多いとか

■ベルフィー女子の憧れ キャンディちゃんが美の極意を語る(11月)

【5位】

バスト100cm Iカップ柳瀬早紀

■バスト100cm超グラドル4人「胸が大きいゆえの悩み」まとめ(6月)

【6位】

上原さくらが衝撃の美ボディを披露(撮影:清水清太郎)

■上原さくら、衝撃の美ボディ披露 「Age means nothing!」(4月)

【7位】

スイカップを手ブラで隠す古瀬絵理(『陽だまり』(講談社)より)

■古瀬絵理が語る「手ブラの撮影でニップレスはするのか」(11月)

【8位】

映画『あさひなぐ』でライバルを演じる西野七瀬と生田絵梨花(撮影:今城純)

■乃木坂・西野七瀬×生田絵梨花 映画『あさひなぐ』撮影秘話(9月)

【9位】

「かわいいじゃろ?」(DVD『なの想い』より)

■“カープ女子”菜乃花 Iカップを見せつけ「かわいいじゃろ?」(8月)

【10位】

「淑女なベルセルク」高宮まり(DVD『東城りお/女神降臨』より)

■美人雀士5人のビキニ姿まとめ(3月)

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン