• TOP
  • 国内
  • お寺婚活発起人の僧侶「40代がいちばん選んでいる」と分析

国内

2018.01.03 16:00  NEWSポストセブン

お寺婚活発起人の僧侶「40代がいちばん選んでいる」と分析

書家・金澤翔子さんの筆による一円相の前で


──どんな相手でも慣れれば上手くいくと。

木宮:貧乏だった祖父は歯を磨いたことがなく、30代で総入れ歯になったんですね。昔の入れ歯ですし、口の中にはたいへんな違和感があるわけです。けれど、受け入れて慣れてしまえば、歯は磨かなくていいし、こんなラクなことはない。奥さんも同じで、他人なのだから、異物ではあるけれど、異物だと思って過ごしていたら上手くいかない。受け入れてしまえば、寄りかかれるし、助け合えるし、一人より二人のほうがいいね、となるんです。

 もちろん、一度受け入れたところで、やっぱり腹は立ちます。入れ歯だって、今日はどうも調子が悪いなという日もある。そこはどうしても我慢が必要になります。

◆人間は一人で正しく生きられるほど立派じゃない

──どこまで我慢をすべきなのか。我慢してまで結婚をする必要はない、とも思いますし、ある程度の我慢は必要とも思う。その塩梅が難しいです。

木宮:吉縁会を始めた頃、わがまま人が多いな、と感じたんです。都会で開催するほど感じました。わがまま、という印象がどこから来るかと考えたとき、一人暮らしが多いからだと気付きました。一つ屋根の下で複数人で暮らしていると、どうしたって問題が起きるんです。便座を上げるとか下げるとかささいなことで揉める。でも、自分以外の誰かとぶつかることで、人間は“カド”が取れていくんですね。

 一人で自由気ままに生活していると、ぶつかる機会がなくなって、いつの間にか、カドがゴツゴツした鋭利な人間になっていく。そういう状態で、いざ他人と接すると、カドが出てるから、ぶつかるんです。やっぱり人間って、一人で立派に生きられるほどの能力はないんですね。ある人もいるかもしれないけど、それはほんの一握りの特別な人。社会や他人に生かされていないとだめなんです。

──【前編】で、結婚よりも、幸せに生きることが大事、というお話がありましたが、木宮さんご自身の考え方としては、結婚したほうがいいと思いますか?

木宮:私の思いとしては、とにかく幸せになってもらいたい。だから、結婚して幸せでもいいし、独身で幸せでもいいんです。ただ、一人よりは二人のほうがいいんじゃないかとは思いますね。先ほど言ったように、ほとんどの人間は一人で正しく生きられるほど立派じゃない。だからどんな相手だって、たとえタイプじゃなくても、稼ぎが悪くても、隣に誰かがいるだけで、支えになってくれるだろうし、衝突をすることでカドが取れて、やさしいお爺ちゃん、かわいいお婆ちゃんになっていけますからね。

 一緒にいるのは友人でもいいのかもしれませんが、とりあえず一回結婚してみたらどうですか、と思います。こんなこと言うと怒られちゃうかもしれませんが、もしもダメなら、いまは昔にくらべて、離婚もできるようになりましたしね。少なくとも婚活に来ているような、結婚したいと思う気持ちのある人には、シンプルに飛び込んでみたらいいと言いたいですね。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス