「若い頃から博打が大好きな昔気質の左さんは、細かいことは気にしない朗らかな性格と、あのクシャクシャな笑顔で誰からも愛されてきました。森光子さんとは“お母さん”“とんとんちゃん”と呼び合う仲で、左さんはよく森さんに博打のお金を借りてました(笑い)。今から30年以上前、森繁久彌さんの舞台中に博打で捕まって降板するのですが、謹慎後に復帰のチャンスを作ったのも森繁さんだった。萩本欽一さんも、“今の自分がいるのは左さんのおかげ”と言い、コロッケさんも左さんを“師”と仰いでいます」(前出・左の知人)

 そんな左が急性心筋梗塞で倒れたのは、昨年6月のことだった。

「自宅で倒れて救急車で病院に運ばれ、すぐに手術を受けました。心臓に近い太い血管が詰まってしまっていたので、カテーテル手術で血流を取り戻し、2、3日で危機的な状況からは脱しました。しかし、その後に誤嚥を起こしてしまい、もともと肺気腫気味で弱っていた肺がダメージを受けた。酸素吸入の機械を使って呼吸を維持しなければならない状態が続いているそうです」(芸能関係者)

 病院に運び込まれてから7か月、今も入院が続いている。

「年齢もいっていますし、ずっと寝たきりの状況なので、足腰の筋肉が衰えてしまっていて、リハビリにもかなり苦労しそうです。意識はあるそうですが、はっきり声を出してしゃべれる状態ではないようです。芸能界の親しい友人たちも、お見舞いは控えているようですね」(前出・関係者)

 ゴルフが大好きで、シングルの腕前を誇っていた左は、かねてから「85才までプレーしたい」「そのためには健康で、長生きしないと」と語っていた。元気に回復して、再びあの味のある名演技を見せてほしい。

※女性セブン2018年2月1日号

関連記事

トピックス

中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン