芸能

高岡早紀 ハワイ留学した17才次男のとんでもない問題に直面

次男が起こしたトラブルにショックを隠せない高岡

 女性はある年齢に差しかかるといくつもの顔を持つ。「妻として」「母として」「女として」。40代半ばになって、ますます目を引く女優・高岡早紀(45才)も今、そのバランスの難しさを感じているのかもしれない。高岡の知人が囁く。

「高岡さんには3人の子供がおり、長男と次男はハワイに留学していました。ところがハワイに滞在していた次男に大変なことが起きて…細かいことは気にしない高岡さんもその深刻さにどう相対すればいいかわからないようでした。今高岡家は大揺れです」

“奔放な母”といわれる高岡に何が起こったのか――。

 高岡はドラマで共演した保阪尚希(50才)と交際4か月で1996年にスピード婚をして、1997年に長男、2000年に次男をもうけた。だが、2004年6月に布袋寅泰(55才)との濃密な不倫キス現場を写真誌に報じられ、その後、離婚。親権は保阪が持ったが、以前から「尚ちゃんに親権あげる」と高岡は言っていたという。離婚後もしばらく保阪が子供の面倒を見る同居離婚を送っていたが、半年ほどで解消した。長男が6才、次男は4才の時だった。

 離婚後、高岡は中村獅童(45才)、市川海老蔵(40才)、堤真一(53才)ら数々の“大物”と恋の話が持ち上がっては消えていった。

 2010年9月、交際していた青年実業家との娘(7才)を出産。事実婚生活を送っていたが、その男性は借金を抱えて雲隠れし、1年ほどで事実婚は解消。2014年3月には外食グループの社長との熱愛が報じられ、パーティーでも妻同然に振る舞う姿が目撃されていた。1年半前には、舞台で共演した松坂桃李(29才)に熱く口説かれるデートシーンも。

 40才をすぎ、多くの恋を重ね、女としてさらに厚みを増していく一方で、仕事も役の幅を広げ、増えている。しかも、この13年間、シングルマザーとして子育てをしてきた母でもある。息子は20才と17才。そしてまだ小学生になったばかりの娘もいる。

 高岡のモットーは「家では母親、仕事は女優、でも外に出れば1人の女性」だという。夫にしばられずに恋も仕事も全力投球、そして愛する子供たちに囲まれる彼女は同じアラフォーママ世代の憧れの存在でもあった。しかし今、母としての誤算に息を詰めているという。

関連記事

トピックス

海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン