• TOP
  • 国内
  • ツキノワグマの無許可飼育や覚醒剤所持など、残念な市議たち

国内

2018.01.31 16:00  女性セブン

ツキノワグマの無許可飼育や覚醒剤所持など、残念な市議たち

ツキノワグマ無許可飼育などやらかした市議・市長たち(写真/アフロ)

 日本全国には、頑張ってお仕事をする市長・市議がたくさんいる。でも一方で、思わず 「どうしてそうなった!?」とつっこみたくなる「ざんねん」なかたがたも存在する。今回はなぜかちょっとざんねんな感じになってしまった市長・市議たちをご紹介。ツキノワグマを飼育してしまった市議や、ゴルフクラブ万引きなどを紹介。(※年齢、肩書きは報道時のもの)

◆2016年12月 福岡県飯塚市 斉藤守史市議(68才)賭け麻雀→辞職
 田中秀哲副市長と平日日中に市庁舎を離れ、賭け麻雀を繰り返し行った。発覚時の会見では「賭けずに麻雀をやる人が何パーセントいるのか逆に聞きたい」などと開き直りとも取れる発言も。

◆2015年8月 新潟県村上市 板垣一徳市議(72才)ツキノワグマの飼育→逮捕
 ツキノワグマ5頭を許可を得ず飼育。「クマの飼育は隠したつもりはなくみな知っている」と話すが、近所の人は「知らなかった」。近所でも有名な動物おじさん。猪、羊やガチョウも飼育。

◆2016年5月 徳島県美馬市 牧田久市長(74才)居眠り運転→辞職
 強い眠気を自覚していたにもかかわらず運転を続け、対向する軽自動車と衝突して5人を死傷させた。市長室にはマネの「笛を吹く少年」の複製画をかざる。

◆2016年12月 岩手県遠野市 小松大成市議(62才)飲酒運転→辞職
 ビールコップ1杯と日本酒2合ほどを飲んだ後に、帰宅するために自家用車を運転し、ガードレールに接触する事故を起こした。

◆2017年7月 福井県越前町 村上哲町長(56才)公道を逆走→逮捕
 中央分離帯のある片側2車線の県道でパトカーを運転中の署員が、正面から逆走する村上町長運転の車を発見。パトカーと鉢合わせになると約100mバックし、交差点で本来の車線に入り逃走。

◆2016年5月 福岡県糸島市 田中菊雄市議(73才)覚醒剤所持→逮捕
 覚せい剤を使用し、同居女性と共に逮捕された。家宅捜索を受ける数か月前、警察に田中市議が覚せい剤を所持し、使っているとタレコミがあった。覚せい剤での逮捕は2回目。

◆2017年11月 奈良県安堵町 植田英和町長(72才)前方の乗用車に衝突→辞職
 乗用車を運転中、渋滞で停まっていた前方の乗用車に衝突。後部座席に座る女性を負傷させ逃走し、およそ1時間後に「車に衝突した」と警察に通報した。調べに対し「怖くなり逃げた」と容疑を認めた。

◆2015年4月 福岡県古賀市 飯尾助広市議(68才)ゴルフクラブ万引→辞職
 古賀市新宮町のゴルフ用品店で、7800円相当のゴルフクラブ1本を万引。市議会事務局へ匿名の情報提供があったため飯尾市議に確認したところ万引を認め、辞職。

※女性セブン2018年2月8日号

関連記事

トピックス