• TOP
  • ビジネス
  • 自宅マンションはいくらで売れるのか 評価サイトの落とし穴

ビジネス

2018.01.31 07:00  NEWSポストセブン

自宅マンションはいくらで売れるのか 評価サイトの落とし穴

マンション評価サイトで執拗な営業攻勢を受けることも

「自分のマンションがいくらで売れるのだろう?」──マンションを所有していれば、誰もが気になることだ。最近ではネット上にある数あるサイトで個別マンションのおおよその評価額を知ることもできるが、利用の仕方によっては落とし穴も待っている。住宅ジャーナリストの榊淳司氏が、マンション評価サイトの活用術をアドバイスする。

 * * *
 自宅マンションの評価額を知る方法はたくさんある。現在のところ、私がもっとも正確だと思う方法は、レインズ(国土交通省が所管する指定流通機構)で、同じマンションの成約事例と現状の売り出し物件を調べることだ。しかし、レインズはなぜか不動産業者しか見ることはできない。

 だから、エンドユーザー(一般消費者のこと、以下「エンド」)がレインズを見ようとすると、どこかの仲介業者に頼むしかない。頼まれた仲介業者は、当然その物件の売買に関わろうとする。あるいは、場合によっては自分で安く買い取ろうとする。

 不動産の仲介業者の中には、行儀のよくない人々も多く混じっている。

 例えば、メールボックスに投げ込まれている「このマンションを買いたい方がいます。いますぐお電話を! 無料査定」というようなことが書かれているチラシにつられて電話をすると、すぐに業者が飛んできて無料で評価を出してくれる。

 それはそれでよいのだが、「そんなんじゃ売らないよ」と断っても、最低2、3度は電話をかけてくる。しつこい場合は、何か月もそれが続く。場合によってはそのうち、他の業者からマンションの売却を勧める電話がかかってきたりする。あなたの電話番号が、いつの間にか他の業者に流出しているのだ。

 そうなると、かなりめんどうくさい。それが原因で、家族の間で不協和音が生じたりすることもありそうだ。

 だから多くのエンドさんはそういう結果を予測して、無闇に「無料査定」には飛びつかない。非常に賢明だと思う。

 最近では仲介業者に頼らなくても、ネット上の評価サイトを利用すれば自分のマンションの資産価値をある程度は知ることができる。しかし、その利用にはある程度注意が必要だ。サイトによっては、チラシの業者に無料査定を依頼したのと同じ結果を招くかもしれなからだ。

 まず、仲介業者からのしつこいアプローチを避けたいのなら、メールアドレス以上の個人情報を伝えなくてもよいサイトを選ぶべきだろう。私が日頃利用している4つのサイトをご紹介する。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス