• TOP
  • 国際情報
  • 慰安婦「記憶遺産」“落選”に韓国政府衝撃 実際は引き分け

国際情報

2018.02.01 07:00  SAPIO

慰安婦「記憶遺産」“落選”に韓国政府衝撃 実際は引き分け

 そんな状況で慰安婦資料の登録が先送りされたからといって、果たして日本の「勝利」といえるのか。ひいき目に見ても引き分けだろう。

 逆に「落選」の反動で、挺対協を中心とするNGOがさらに力を入れて再申請をするのは目に見えている。文在寅政権も全力でバックアップしてくるはずだ。

【PROFILE】1932年生まれ。現代史家として慰安婦強制連行説を調査により覆す。『慰安婦と戦場の性』(新潮選書)、『慰安婦問題の決算』(PHP研究所刊)など著書多数。

●取材・構成/山川徹(フリーライター)

※SAPIO2018年1・2月号

関連記事

トピックス