• TOP
  • スポーツ
  • ジャンプ高梨沙羅とアイスホッケー藤本那菜の美容術

スポーツ

2018.02.16 07:00  女性セブン

ジャンプ高梨沙羅とアイスホッケー藤本那菜の美容術

女子ノーマルヒル個人で銅メダルを獲得の高梨沙羅

 平昌オリンピック・ジャンプ女子ノーマルヒル個人で銅メダルを獲得した高梨沙羅(21才)。ジャンプもさることながら、話題にあがるのは“オルチャンメイク”だ。

 オルチャンとは韓国語で「最高にかわいい顔」という意味で、高梨の太めの眉毛やメイクは韓国でも大人気。出発の2時間前に起床して時間をかけてメイクするという。

「彼女にとってメイクは“戦闘モード”に入るための準備。ただし、濃すぎると『おてもやん』とスタッフにからかわれるので最近はナチュラルメイクを意識しているようです」(スキー誌記者)

 そんな彼女にド直球をぶっこんだのが片瀬那奈(36才)。情報番組『シューイチ』(日本テレビ系)のインタビューで開口一番、「なぜそんなに美しくなったんですか? メイクのやり方、教えて!」と尋ねたのだ。

 あまりにも急な質問に高梨は「とんでもないです…」と思わず笑ってしまったが、その後「目には時間をかけます」と明かした。

 高梨と同じく美しさが話題になったのが、女子アイスホッケー日本代表のゴールキーパー・藤本那菜(28才)元AKB48の小嶋陽菜(29才)にソックリの美形アスリートが「氷上の格闘技」と呼ばれる激しい競技を始めたのは6才の時だった。

「小さい頃は塗り絵やおままごとが大好きな女の子でしたが、社会人チームでプレーしたお父さんの影響で始めました。自宅敷地内に作られたプレハブ小屋で、猛特訓を受けていました」(藤本の知人)

 体育会系バリバリの“氷上のこじはる”だが、お年頃だけに恋の行方も気になる。

「1年ほど前には『いい人がいれば』と語っていましたが、五輪が終わるまでは恋愛を封印しているようです。でもやっぱり女の子で、『寒いところは肌の乾燥が気になる』と話していて、平昌の宿舎には大好きなアロマを持ち込んだそうです」(前出・藤本の知人)

※女性セブン2018年3月1日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス