• TOP
  • 芸能
  • 映画『クソ野郎と美しき世界』出演の香取慎吾、今の気持ち

芸能

2018.02.26 16:00  女性セブン

映画『クソ野郎と美しき世界』出演の香取慎吾、今の気持ち

映画『クソ野郎と美しき世界』で香取慎吾役を演じる

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾を主役に作られた映画『クソ野郎と美しき世界』の取材現場に潜入。彼らが描き始めた“新しい地図”は、彼らのあり方、そのものなのか。そして、“クソ野郎”とは――!?

 映画『クソ野郎と美しき世界』は、4つの物語が連なる短編オムニバスの構成だ。4人の監督がメガホンを取り、稲垣、草なぎ、香取のそれぞれが主人公を演じ、3つの物語が交錯した『新しい詩』で締めくくられる。詳細は未発表で、取材日当日、「ミュージカルなの? ぼく、歌うの?」と香取がスタッフに確認する一幕も。

 草なぎは「『クソ野郎…』のタイトル通りハチャメチャなんですけど、最後は劇場からあったかいものを持って帰ってもらえるような映画」と胸を張る。

「どの作品も愛すべきクソ野郎で、完成が楽しみで仕方がない」と言うのは稲垣。それぞれがほかの2作を気にしながら、撮影を進めているようだ。

 1月末に全国の映画館で同映画のチラシが置かれたところ、端からすべて持ち去られてしまったというから、注目の高さがうかがわれる。公開は4月6日から2週間限定。86館で上映される。では、そのうちの3つの物語についてご紹介しよう。

◆『ピアニストを撃つな!』
 極悪人・マッドドッグ(浅野忠信)が追いかけるセクシーなフジコ(馬場ふみか)、そして、稲垣演じる天才ピアニスト・ゴロー(稲垣)。絡み合う恋の結末は…? 園子温監督の現場は「リズム感とライブ感があって新鮮。まだ自分でも知らないぼくを演じている感じです」(稲垣)といい、新しい稲垣の魅力が炸裂しそう。共演者の衣装やヘアスタイルにも注目を。

◆『光へ、航る』
 撮影初日に「もう撮り終えた気分。名シーンが一発目で撮れました」と太田光監督は自信満々。出演者の草なぎも監督をべたぼめで、これまでの信頼関係も垣間見える。草なぎが演じるのは、息子を亡くした父親。妻と亡き息子の右腕を探す旅に出るのだが、妻役の尾野真千子のシーンを「天使が現実に舞い降りたよう」と表する。熱く心を揺さぶるものになりそうだ。

◆『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』
 香取が演じるのは“香取慎吾”役。「(劇中の)ぼくの部屋にぼくの描いた絵もあるし、“ほぼ、ぼく”ですね」(香取)。そんな彼は劇中で“歌喰い”に出食わし、歌えなくなる。

「自分もしばらく歌ってないな、という感じがする。久しぶりに歌いたくなりました。音楽って自分の気持ちが動くから」と、素直な思いをぶちまけた。ファンタジーにリアルが交錯する不思議な世界を山内ケンジ監督が描く。

「“クソ野郎”って普通はダメなヤツってイメージかもしれないけど、ぼくはかっこいいヒーローみたいだと思ったんですよ。“クソ野郎、最高だな”って。でも、橋田壽賀子先生に“クソ野郎なんて映画、誰も見ない”と言われちゃった」(香取)

 映画初出演、初取材に緊張する中島セナを香取がフォローする場面もあった。「ぼくが仕事を始めた年と同じ(撮影当時は11才)。気持ちがよくわかるんです」(香取)。密着現場で、香取にどの絵が好きか聞かれ、中島は魚の絵を選んだ。

撮影/田中智久

※女性セブン2018年3月8日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス