• TOP
  • ライフ
  • 名医が教える 危ない“かかりつけ医”を見分ける薬の目安

ライフ

2018.03.04 16:00  週刊ポスト

名医が教える 危ない“かかりつけ医”を見分ける薬の目安

ティーズ内科クリニック院長の土山智也医師

 これまでの医療記事で「医者の見分け方」といえば、大病院や手術の執刀医のことばかり。最初に私たち患者を診る“かかりつけ医”についての情報は少なく、他と比較することも難しい。

 かかりつけ医の良し悪しを見分けるためには、薬の処方箋から分かることも多い。患者が薬の処方を希望すれば、すぐに出してくれる医師が、「患者思いのいい先生」と思ったら大間違いだ。新潟大学名誉教授の岡田正彦医師が言う。

「多剤併用の危険性が叫ばれるのに、“薬を減らしてみましょう”と提案する医師はほとんどいませんが、本来は薬を減らす努力をする医師こそ、薬の副作用のリスクを熟知し、患者の視点で治療を進めようとしていることが多い」

 では、危ないかかりつけ医を見分ける薬の“目安”はどの程度なのか。浅草クリニック副院長の内山伸医師がアドバイスする。

「1回に出す薬が5種類以上だったら気をつけたほうがいいでしょう。薬をやたらと処方したがる医師は、自分の治療に自信がないともいえます」

 薬の種類が増えるのは、患者の体全体を把握することができず、部分、部分の症状に応じて薬を処方しているだけのこともある。とくに高齢者の場合、多くの薬を飲んでいると副作用でふらついて、転倒するなどのリスクも高まる。

◆初診時に血圧が高いと高血圧の薬を出す

 現在、日本に4300万人もいるという高血圧患者だが、薬の服用には一定のハードルが設けられている。前出・岡田医師が言う。

関連記事

トピックス