• TOP
  • ライフ
  • ホリエモンを崇める人は新興宗教に洗脳された信者と似ている

ライフ

2018.03.16 16:00  NEWSポストセブン

ホリエモンを崇める人は新興宗教に洗脳された信者と似ている

ホリエモンに憧れる若手起業家を堀江貴文氏自身はどう思っているのか

 いまも若手起業家などから“憧れの存在”として見られることも多いという堀江貴文氏だが、当の本人はそうした人たちに対して意図的に距離を置いている。堀江氏は「別に目指すのは構わないが、イメージだけを追いかけているのは困りものだ」と語る。いったいその真意はどこにあるのか。

 堀江氏が最新刊『属さない勇気』で解説している、働き方や生き方の未来についての新たな提言を短期集中連載。第2回は、表層的なライブ体験ではなく、本質を学ぶことの重要性について解説する。

 * * *
 私は長年、フリーエージェント(組織に雇われない働き方をする人)風の人たちに、教祖のように崇め立てられている。

 高級スーツを着た若手起業家を名乗る若者が、「堀江さんの本を全部読んでます!」とか、「堀江さんを目標にしてます!」と、しょっちゅう寄ってくる。もし私の本をきちんと読んでくれているのなら、もっと他のビジネスに目が向くのではないかと思うのだが、彼らは、カネ儲けを最優先の目的にしている傾向が強い。

 高層マンションに暮らす、セレブのパーティに呼ばれる、高級シャンパンを浴びるように飲む、ブランド品に囲まれる……など、かつてのヒルズ族が体現した、カネ持ちのライフスタイルを夢見ている。ホリエモンは、そういう生活を実現させた成功者というイメージが、いまだに残っているようだ。

 別に目指すのは構わないが、カネ持ちの外見の部分というか、イメージだけを追いかけているのは困りものだ。側の部分に目がくらんで、本質が見えていない若者は多い。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス