• TOP
  • 国内
  • 憧れは黒木瞳の山辺節子被告 「つなぎ融資の女王」誕生まで

国内

2018.03.28 16:00  週刊ポスト

憧れは黒木瞳の山辺節子被告 「つなぎ融資の女王」誕生まで

「お気に入りのフィギュアが置かれた感じでしょうか。色も形も表情もなにもかも私の好みでした。その場で“愛人契約”を申し出ました」

 後日締結した“愛人契約書”には山辺被告が「高級外車と自宅を与え、毎月180万円を支払う」「男性側には女性との交際を禁じる」といった条件が明記されていたという。

「当時、日本で23歳のモデルともお付き合いしていました。もちろんお小遣いをあげてました。その子は私がフィリピンに愛人を作ったことを知ると、怒って現地まで乗り込んできたりもしました(笑い)」

 若い男性に寄り添うため、顔や胸の形を良くするヒアルロン酸注入の施術もした。憧れは女優・黒木瞳だったという。

●取材協力/小川泰平(犯罪ジャーナリスト)

※週刊ポスト2018年4月6日号

関連記事

トピックス