芸能

ツアー成功 GENERATIONSのすさまじき中国での人気

7人の一挙手一投足に上海のファンは悲鳴を上げた

 EXILE、三代目J Soul Brothers率いるLDH。ファンクラブ会員数は年々増加し、2月末に上梓された『LDH OUR PROMISE』(小学館)はベストセラーに。そのLDHの中でもいちばん勢いがあるといわれているのがGENERATIONS。チケットが販売されれば即完売。人気ブランドとコラボすれば、ショップには長蛇の列ができる。そのGENERATIONSの中国ライブに完全密着。彼らの素顔とは──。  

 人と車とバイクと自転車の波で混沌とする中国・上海の中心部でも、もともと英国租界で、今では高級ブティックが建ち並ぶ一角に美琪大戯院(マジェスティック・シアター)はある。1941年にオープンした歴史的建造物で、白亜の外壁とアール・デコ調の内装が美しい。完成当時は「アジア一の劇場」と称された。

 3月16日から3日間、その歴史に「GENERATIONS」が名を刻んだ。3月2日の中国南部の都市・深センを皮切りに、北京、上海を回る3都市9日間のチャイナツアーの最後を飾るため、そのステージに立った。

「謝謝大家的熱情!(盛り上がってくれてありがとう!)」

 ボーカルの片寄涼太が流暢な中国語で話しかけると、会場は割れんばかりの「ジェネ」コール。『太陽も月も』『空』など20曲を披露し、合間にはメンバー全員が中国語で挨拶。佐野玲於の「我愛小籠包!」には、上海のファンも大ウケだった。

「中国語は発音が難しくて、最初はカンペをポケットから出して読んでいました。でも、最後の上海公演では内容も工夫して、諳(そら)んじられるようになりましたよ」と語るのはパフォーマーの白濱亜嵐。

 EXILEの“弟分”、7人組ダンス&ボーカルユニット「GENERATIONS」は、2012年にメジャーデビューした当時から「世界標準」を意識した活動を展開。全員が語学の勉強に取り組み、すでに2度のワールドツアー(2015年、2017年)を経験している。

「EXILE TRIBEの中でも、日本のみなさんに喜んでもらうのと同時に、海外向けのコンテンツも発信しているのはぼくらならではだと思います。今年発売したベスト盤では、英語版も作成しました!」(小森隼)

 EXILE TRIBEとはEXILEをはじめとした関連グループの総称で、初の中国ツアーは、その“兄貴分”のEXILEや三代目J Soul Brothersも実現していない。

 今回のツアーの後押しになったのは、ボーカル・片寄の中国での圧倒的な人気ぶりだ。片寄が初出演した映画『兄に愛されすぎて困ってます』(2017年6月公開)が中国でも爆発的な人気を博し、知名度が急上昇。中国版ツイッター「微博」のフォロワーは70万人を超え、昨年8月にも上海でファンミーティングを開催した。片寄が上海の街を歩くと、多くの中国人女性が声をかけてくる。

「中国メディアでツアーが取り上げられると、ハッシュタグ閲覧数が2億を超え、検索サイト上位はグループやメンバーの名前で独占されました」(芸能関係者)

 女性セブンは上海ライブに密着。リハーサルの合い間にはポスターや写真へのサイン、インタビュー撮影など数分刻みのスケジュールをこなしながらもメンバーたちはいつもじゃれ合っている。舞台裏ではこんなワンシーンを目撃した。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン