国内

最新国内記事のRSS

ゲーム感覚で簡単に利用の出会い系アプリ、“パパ活”の温床に

2018.05.15 07:00

現在、出会い系アプリは多種多様に登場していて、実際に結ばれる男女も増加している。しかし、マッチングア

現在、出会い系アプリは多種多様に登場していて、実際に結ばれる男女も増加している。しかし、マッチングアプリが市民権を得て流行しているとはいえ、「負」の側面がゼロとはいい切れないのも確かだ。

その1つが「パパ活」の温床となっていることだ。ウェブメディア「Japan In-depth」編集長の安倍宏行さんが言う。

「『パパ活』とは昔の『パトロン探し』で、お金に困っている若者が金銭的に支援してくれるパトロンを探すということです。日本でも『シュガーダディ』『ペイターズ』『HICLASS TOKYO』といったアプリは若い世代がパトロンと出会う機会を生み出している。スマホの普及によってこうしたアプリに簡単に登録できるし、ネットに慣れ親しんだ若い世代はゲーム感覚で簡単に利用しています」

実際に「パパ活」をしている25才OLが打ち明ける。

「表向きは『平凡な毎日にときめきがほしい』としていますが、本当の目的は援助交際です。私は『シュガーダディ』など複数のパパ活アプリを使って、2人のパパをキープしています。このアプリの登録男性には70代や80代もいて『お互いが信頼できる関係になれば支援します』とストレートなメッセージが来ます」

2017年6月には渡部篤郎(50才)主演で「パパ活」をテーマにしたドラマも放送されたが、現実には危険も多い。

「若い子は出会い系アプリに驚くほど警戒心がなく、悪い大人たちの毒牙にかかりやすい。1対1で会ってお酒も入れば危険なことも起こりやすい。若い子ほど出会い系アプリの危険性についての教育が必要です」(安倍さん)

また、出会い系アプリは「不倫」の温床との指摘もある。超実践派恋愛コンサルタントのSaiさんはこう語る。

「出会い系アプリは火遊び願望のある人たちの利用も多い。そういう人たちはフェイスブックなどのアカウントと紐づかないアプリを使います。既婚者であることを隠してアプリに参加する人も結構いるんです」

実際に火遊びを経験したことがあるパート主婦(39才)が言う。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP