芸能

高岡早紀 元内縁夫が詐欺で逮捕もブレない優しい母親姿

6月中旬、成田空港に向かう高岡と長女

 成田空港に向かう幹線道路を、黒く光る1台の高級外車が疾走していた。いかついデザインの大きめの車体に似合わず、華奢な細腕でハンドルを握っていたのは高岡早紀(45才)だった。助手席には長女(7才)の屈託ない笑顔。時として「魔性の女」と評される高岡も、その時は「優しい母」の顔を見せていた。

《「知人の会社の資金が凍結」と嘘、詐欺の疑いで男逮捕》(TBSニュース)

 6月13日、自称経営コンサルタントの男が、知人女性から700万円をだまし取ったとして逮捕された。名前は村田晴彦容疑者(51才)。そう聞いてもピンとくる人はほとんどいないだろうが、村田氏は数年前まで高岡と一緒に暮らしていて、内縁関係にあった。小学2年生の長女の父親でもある。

 1996年にドラマで共演した保阪尚希(50才)と交際4か月でスピード婚し、1998年に長男(20才)、2000年に次男(18才)が生まれた。2004年に布袋寅泰(56才)との不倫キスを報じられて離婚。家事のほとんどを保阪が担っていたことに加え、離婚後も、中村獅童(45才)や市川海老蔵(40才)、堤真一(53才)ら数々の大物との恋の噂が浮かび上がるうち、いつしか彼女は「魔性の女」と呼ばれるようになった。

 村田氏とは2010年頃に交際し、長女が誕生してからも事実婚生活を送っていた。ところが、村田氏が借金を抱えて雲隠れし、その関係は1年ほどで解消したという。

「その後、村田さんとは、“一切のかかわりを持ちたくない”と、連絡を取り合うことはなかったそうです。だから、元内縁夫が逮捕されても彼女には関係ないことでしょう。事件のことを聞いても毅然とした態度だったようです。とはいえ、娘の父親であることは変わりません。高岡さんは何があっても娘は守る!と今まで以上に子供と過ごす時間を作っているようです。

 最近、ダルメシアンの『ダニーちゃん』を飼い始めたのも、どうしても仕事で家を離れることが多いから、まだ幼い娘さんを思ってのこと。2人の兄とは年が離れてますけど、お子さん同士はとても仲がいいそうで、それは高岡さんにとっても嬉しいことだそうです。村田さんの事件についても“そんなことで立ち止まっているヒマはない”というところなんでしょう」(芸能関係者)

 冒頭、高岡が長女を連れて成田空港に向かったのは、ハワイで暮らす長男を出迎えるためだった。帰宅途中、スーパーに立ち寄った高岡は、久しぶりに日本の地を踏んだ長男のためだろうか、真剣なまなざしで食材を選んでいた。都内の自宅では、次男も一緒に暮らしているという。

「料理は苦手だし、家事も正直、褒められたものではありません。高岡さんのお母さんの協力もあって、なんとかやっていけているような状態ですが、それでも、“母親としてできることはやってあげたい”というのが本音だそうです」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン