• TOP
  • 国際情報
  • 中国でスマホ優遇策、専用歩行路やカニの殻むくバイトも

国際情報

2018.06.24 07:00  NEWSポストセブン

中国でスマホ優遇策、専用歩行路やカニの殻むくバイトも

カニの殻剥きが新たなビジネスに

 スマホを見ながら歩いている人とぶつかりそうになり、ひやっとした経験は誰でもあるだろう。だが、ケガをすることもあるだけに、このようなトラブルを避けようと、中国陝西省西安市のIT関連企業が集中する地区では「スマホ専用歩行者道路」が増設された。

 一方、上海の上海ガニのレストランでは客がスマホに専念できるようにと、客の代わりにカニの殻をむく専用の学生アルバイトのウェイトレスを常時雇いサービスの向上を図っている。

 いずれもスマホ中毒者をとり込もうとしたアイデアだが、ネット上では「素晴らしいアイデア」との賛成意見もある一方で、「スマホ依存を助長するだけだ」との反対意見もあり、賛否両論入り乱れている。

「スマホ専用歩行者道路」はIT関連の中小企業を誘致しているIT産業専門産業団地の一角に建設された。専用道路は団地一帯をぐるりと一周しており、長さは1kmほどで、幅は1mと狭いが、対向者がぶつからないように、一方通行で、スマホを使わない通常の歩行者は立ち入り禁止となっている。

 また、自動車が横切らないように、通常の道路とは交差しないように工夫されている。

 スマホ専用歩道を考えた同団地の責任者は「IT関連企業の従業員が多く、スマホは必需品。散歩したり、食事に行くときなど歩いているときもスマホを使わなければならない人が多いだけに、評判は上々だ」と語っている。

関連記事

トピックス