• TOP
  • ライフ
  • 現役港区女子、「恋愛マスター芸人くじら」の哲学にほれぼれ

ライフ

2018.06.29 16:00  NEWSポストセブン

現役港区女子、「恋愛マスター芸人くじら」の哲学にほれぼれ

多くの女性が彼の言葉に注目している(公式ブログより)

「くじら」という芸人をご存じだろうか。「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で知名度を上げた……のだが、いまや「恋愛マスター」として多くの女性たちから注目を集めている。実は、ハイスペック男性たちと飲み会を繰り広げる「港区女子」も、くじら氏の恋愛についての考え方には注目しているらしい。現役港区女子の吉川リサコ氏は、彼を「メンタルハイスペ」だと指摘する。

 * * *
「愛は支配ではなく、尊重だ」
「フラれた経験は勲章だ。その勲章をぶら下げて次の戦いへ向かうのだ」

 これは、「恋愛マスター」くじら氏の言葉だ。彼はツイッターで多くの男女から恋愛相談を受け、数々の名言を残してファンを集めている。たいへん失礼ながら顔面偏差値はそんなでもないのに、とても美しい奥さんがいる。

 彼の著書『世の中には、誰とでも幸せになれる人と、誰といても幸せになれない人の二通りしかいない』(宝島社)も買ってみた。気になったら読んでいただきたいが、この中でもさまざまな悩める女子からの恋愛相談に回答している。

 テレビ、ツイッター、そして書籍。あちこちで恋愛相談にのっているのである。もう少し彼の言葉を紹介してみよう。

「100人とコンパしても5人くらいしか合わない」という悩みには、「俺だったら1万人と恋愛して500人の中から1人を選ぶね!」
「妥協する必要なんてない。諦める意味ってなんなんだ。人類全員恋愛対象だ」
「君はモテないんじゃない、フラれてないだけだ」

 なるほどなるほど。くじら氏は、「自分が好きなら自分の気持ちを伝え続ければいいんだ」と自分の意思を大事にしている。恋愛ゲームを繰り広げている港区女子の1人としても、核心を突いていると思う。

 恋愛は弱肉強食であると、私は身をもって体験している。だからこそ「自分が何を得たいか?」が大切なのだ。また、女性側から「好き!好き!」アピールして実る確率より、男性側からそれをして実る確率の方が高いとも思っている。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス