• TOP
  • 国内
  • 22才で発達障害がわかったピアニストの本音「ほっとした」

国内

2018.06.30 07:00  女性セブン

22才で発達障害がわかったピアニストの本音「ほっとした」

取材当日のあすかさんとご両親


「おかあさん、あすか、もっとじょうずになりたい」

 自ら希望して、4才から音楽教室に通った。高速道路関係の会社に勤める福徳さんは転勤が多かったが、小1の夏休みに引っ越した宮崎県小林市でも音楽のレッスンを続けた。独身時代に管理栄養士だった恭子さんは夫の転勤を機に市内の高校で栄養学を教えるようになり、忙しい日々の合間をぬって週1回、娘を音楽教室に連れて行った。当時を振り返ると、恭子さんの心はチクチクと痛む。

「宮崎の教室はレベルが高く、他の子に負けたくない一心で、あすかには厳しくピアノの練習をするように言いました。夫が転勤族で近所に頼る人もおらず、とにかく母親として完璧でないといけないと思い込んでいたんですね。娘にとってはすごく窮屈でストレスの多い毎日だったはずです」(恭子さん)

 母親の逆鱗に触れたあすかさんが泣き叫ぶこともしばしば。見かねた福徳さんの親は『子供の叱り方・ほめ方』という本を恭子さんに渡した。

◆ピアノを取り上げられたあすかは、牢屋のような病室でリストカットを試みた

 あすかさんが中2の頃、一家は小林市から宮崎市内の現在の自宅に引っ越した。福徳さんが東京で単身赴任となり、長男が佐賀県内の全寮制高校に進学したため、母と娘の2人暮らしが始まった。

 この頃、あすかさんは自傷行為を始めるようになった。

「最初は自分の髪を抜く程度でしたが、私が傷を見つけると、あすかはウソをついて隠しました。環境の変化や、いつも近くにいてあすかを守っていた長男がいなくなったことが大きなストレスになったようでした」(恭子さん)

 中学を卒業して県立高校の普通科に進学すると、いじめが始まった。机の上に油性ペンで「死ね」と書かれて、制服やジャージーをはさみで切られた。不登校になったあすかさんは私立高校に転校。

 苦しい日々でもピアノの練習は欠かさなかった。転校先でいじめがなくなり、ストレスから解放されるとピアノの腕前はめきめき上達。コンクールでも結果を残し始めた。

 心身が回復したあすかさんは子供の頃から夢見ていた宮崎大学に現役で合格。だが、花の女子大生としてキャンパスライフを送るはずが、過酷な現実に直面する。

 大学入学後、人間関係のストレスなどが重なり、何度も過呼吸発作が起きた。症状がひどいため、大学から紹介された病院の精神科を受診すると「解離性障害」と診断されて、急きょ入院することになった。

 解離性障害は、何らかのストレスにより自分が自分であるという感覚が失われ、パニックになると「解離」の発作を起こして自らを傷つける。この時、単身赴任先から入院先に駆けつけた福徳さんは病室の光景に言葉を失った。

関連記事

トピックス