芸能

最新芸能記事のRSS

『半分、青い。』は“だめんず”に振り回されるヒロインが見所

2018.07.04 07:00

 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』が好調だ。楡野鈴愛(永野芽郁・18才)が、左耳の聴力を失うも、

 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』が好調だ。楡野鈴愛(永野芽郁・18才)が、左耳の聴力を失うも、漫画家を志すために上京し、奮闘する姿を描いたドラマで、6月19日の放送回では、過去最高の視聴率23.2%を記録した。

 制作統括の勝田夏子さんが今後の見所を教えてくれた。

●豊川悦司の演技に共演者の演技力もアップ

 漫画家の秋風羽織役を演じる豊川悦司(56才)は現場で若手に大きな影響を与えていたようだ。

「秋風先生の役は、コミカルに振りすぎるとイタくなるし、シリアスな部分とのバランスがあってこそ品のよさが保てる難しいキャラクターなんです。豊川さんは、子供みたいなところと、師匠としての貫禄の二面性をすごく考えて演技されていましたね。

 豊川さんが率先して振り切れた演技をすると、そこに秘書役の井川遥さん(41才)や永野さんたちものっかって、演技のセッションを楽しんでいたようです。豊川さんはオフィス・ティンカーベルのメンバーでまた演技がしたいとおっしゃっていました」(勝田さん)

●三オバの食欲が止まらない!

 6月最終週の放送で、漫画家としての最大のピンチを経験した鈴愛は、7月から放送の14週目で、『100円ショップ大納言』でのアルバイトをスタートさせる。そのオーナーを務めるのが、光江(キムラ緑子・56才)、麦(麻生祐未・54才)、めあり(須藤理彩・41才)の三オバこと藤村三姉妹だ。勝田さんが話す。

「三オバはものすごくはっちゃけていて、食事する場面ではかつての名作ドラマ『寺内貫太郎一家』の樹木希林さんを思わせるようなコミカルなシーンが見られると思います。

 見ていて毎回驚くのは、3人の食べっぷり。リハーサルでは実際に食べないかたが多い中、3人はずっと食べている(笑い)。いろんな料理が出てくるので、そちらにも注目してほしいですね」

●斎藤工はドラマの中でも映画界を背負っている!?

 三オバの甥っ子で助監督の森山涼次(間宮祥太朗・25才)と、その師匠の映画監督・元住吉祥平(斎藤工・36才)が登場し、鈴愛の運命はさらに動き出す。

「斎藤さん演じる元住吉監督は、コートダジュール映画祭で“その視点賞”を取った設定です。カンヌ国際映画祭の“ある視点賞”を思わせますね(笑い)。

 斎藤さん自身も海外の映画祭で賞を取られているし、映画人であるということを背負って出演されているんですよ。ドラマには、元住吉監督の『追憶のかたつむり』という作品も出てきますから、注目してください」(勝田さん)

●今度は鈴愛が振り回される側に!?

「斎藤さん演じる元住吉監督も、助監督の森山もいわゆる“だめんず”なんですよ(笑い)」と語るのは勝田さん。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP