• TOP
  • 国内
  • プールも海も外国も行けない山口組組員の“退屈な夏休み”

国内

2018.07.05 11:00  週刊ポスト

プールも海も外国も行けない山口組組員の“退屈な夏休み”

「米国は日本から暴力団構成員のリストが提供されていて入国は不可能。他の国々でも前科があれば入国を拒否される国が増えている。俺らの個人情報は旅行代理店に知られているから、旅行の相談をしてもカウンターで“受け付けられない”と拒絶されてしまう。結局、比較的入国審査に“寛容”なアジア諸国に行く者が多い」(神戸山口組関係者)

 暴力団事情に詳しいフリーライターの鈴木智彦氏が言う。

「夏休みに入っても一連の抗争が、完全なる“休戦”となるわけではありません。休暇中も3団体の緊張状態は続いており、山口組関係者らは8月に入っても“臨戦態勢は変わらない”と言っています。いつあるか分からない招集に備え、自宅で家族と過ごすだけ、といった味気ない休みを送る組員が一番多いのではないでしょうか」

 バカンス気分にはほど遠いようだ。

※週刊ポスト2018年7月13日号

関連記事

トピックス