スポーツ

緊急入院の長嶋茂雄氏、一家の歴史と一茂・三奈の関係

緊急入院の長嶋茂雄さん、病状は…?(写真/共同通信社)

 元プロ野球選手の長嶋茂雄さん(82才)が7月中旬に、黄疸の症状が出て緊急入院していたことが明らかになった。緊急治療を施したものの、8月上旬の時点では一進一退を繰り返しているという。

「アンチ巨人はいてもアンチ長嶋はいない」といわれるほど、長嶋さんは誰もが愛した4番バッターで、言わずもがな、野球界を超えた唯一無二のスターだ。その長嶋さんが結婚したのは1965年。長嶋さんは29才、亜希子夫人は22才だった。披露宴はホテルニューオータニ。国民的大スターの結婚に日本中が祝福した。

「亜希子さんは田園調布雙葉学園出身で、出版社の社長令嬢。英語、フランス語をマスターした才女。東京五輪のコンパニオン時代に長嶋さんと出会いました。一目ぼれした長嶋さんは亜希子さんに毎日電話をかけての猛アタック。交際スタートから40日で婚約、約100日後の1965年1月に結婚という超スピード婚だったことも、長嶋さんらしかった」(スポーツ紙ベテラン記者)

 結婚生活は順風満帆だった。2男2女に恵まれた。きょうだいのうち、父親の影響を最も受けたのが長男の一茂と次女の三奈だった。

「一茂さんは子供の頃から長嶋さんに連れられて球場を訪れています。長嶋さんが試合に集中していたあまり、一茂さんを後楽園球場に忘れて帰宅したことは有名な話です」(前出・ベテラン記者)

 父の影響で野球を始めた一茂は父と同じ立教大学に進み、1987年のドラフトでヤクルトに入団。長嶋さんの監督就任を機にトレードで、1993年に巨人に入団した。現役引退後はタレントやキャスターに転身。三奈もテレビ朝日に入社しスポーツキャスターとして活躍。テレ朝を退社後は、フリーキャスターとして活躍した。

 1999年、西武ドームで行われたプロ野球サントリーカップでは、長嶋さんの元へ一茂と三奈が取材で訪れ、長嶋ファミリーが揃ったこともあった。

◆夫人と子供4人で14時間体制

 長嶋家は日本中が憧れる“幸せな家族”の象徴だった。

「国民的スターで何をするのにも注目が集まり、“長嶋茂雄を演じるのも大変なんだよ”と本人がこぼしたこともあるほどでしたが、長嶋さんにとって田園調布の自宅と愛する家族は本当に心が休まる存在だったと思います。プロ野球は結果がすべてなので、負けが続くと長嶋さんだけでなく“妻が悪い”“家族のせいだ”と叩かれることもあり、家族も相当なプレッシャーがあったでしょうが、亜希子さんは表に出ずに支え続けていました」(前出・ベテラン記者)

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン