芸能

NHK朝ドラ事件簿 大竹しのぶはオーディションで大騒動

歴代1位に輝いた有村架純

 NHKの朝ドラ(連続テレビ小説)は、1961年に始まって以来半世紀にわたり、その時代に輝くスターを輩出してきた。『週刊ポスト』読者300人を対象に「歴代最高の朝ドラ女優」についてアンケートを実施したところ、1位『ひよっこ』(2017年春)の有村架純、2位『あまちゃん』(2013年春)の能年玲奈(2016年、のんに改名)となった。最高視聴率62.9%という金字塔を打ち立てた『おしん』(1983年)からは、少女期の小林綾子(11位)と青春~青年期の田中裕子(22位)の2人がランクインした。

「奉公先でいじめられ、関東大震災で全てを失い、太平洋戦争で夫と子供をなくしてしまう。苦難に次ぐ苦難で涙なしには見られない。『おしん』はシナリオが強烈だったので、そのヒロインもまた一番印象に残ってしまうんです」(58・会社員)

 朝ドラヒロイン誕生の裏には、ドラマ以上のドラマもあった。24位に入った大竹しのぶがヒロインを演じた『水色の時』(1975年春)では、オーディションで“事件”が起きたという。同作の脚本を担当した映画監督の石森史郎氏が明かす。

「オーディションの最終選考に残ったのは15人。そのなかに大竹もいましたが、NHK側は最初からヒロインを決めていた。僕が『この子(大竹)を起用する』っていったら、すごい圧力がかかって。NHKと大喧嘩になったんです(笑い)。

 他の14人に比べて大竹だけが背が低くてガニ股で、それが松本を舞台に平凡な家族との平凡な生活を描くにはピッタリだった。彼女は当時高校2年でしたが、台本を読ませたら即座に僕のイメージ通りの芝居をこなすんです。すでに女優の才能が飛び抜けていた」

関連記事

トピックス

勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
確定申告期間中の東京国税局(時事通信フォト)
「300万円以下の副業は雑所得」案 サラリーマンが看過できないデメリット
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン