芸能

『報ステ』に徳永有美起用で内村光良との関係修復狙うテレ朝

テレ朝は内村との関係修復を狙う思惑?(写真/ロケットパンチ)

「社内に適任者がいたはず」、「不祥事で辞めた人を復帰させる必要があるのか」。8月8日、『報道ステーション』(テレビ朝日系)の10月からの新キャスターに、元同局アナウンサーの徳永有美(43才)の起用が発表されると、テレ朝内ではこんな声が上がったという。

 徳永アナは「身の引き締まる思いです。かつて自分を育てて頂いた番組で、スタッフの皆さんと共に再び挑戦できることに感謝し、一日入魂、全力で頑張ります」とコメント。2004年4月から約1年、同番組でスポーツコーナーを担当していた彼女の、13年ぶりの古巣への復帰となる。

 局内では彼女の決断に、冒頭のように少なからずブーイングもあるという。徳永アナは1998年にテレ朝に入社し、2001年に同期入社のディレクターと結婚。しかし2003年4月、『内村プロデュース』で共演していた内村光良(54才)との不倫が発覚。

 その影響で、徳永アナは『内村プロデュース』のみならず、キャスターを務めていた『スーパーモーニング』も降板。同年9月には夫と離婚し、半年後、『報ステ』で復帰したが、2005年に内村と結婚すると、ケジメをつける形でテレ朝を退社した。

 仕事を控えて家庭に入り、2009年に長女、2013年に長男を出産すると家事と子育てに専念してきた。

「子供たちの習い事に力を入れ、小学校のお受験対策の塾や体操教室に通わせていました。そのおかげで、長女は見事に都内の名門私立小に合格。ご近所づきあいもしっかりこなしていて、ママ友からの信頼も厚いと聞きます。女子アナ時代より忙しいんじゃないかっていうスケジュールですけど、夫の内村さんには決して気を使わせず、空いた時間で読書をしたり勉強をしたりして、復帰する時のために準備もしていたみたいですよ」(徳永アナの知人)

 そんなカリスマ・ママとして評判だった徳永アナが仕事に復帰したのは、昨年1月。インターネットテレビ・AbemaTVの報道番組『けやきヒルs’ NEWS』のキャスターを、水曜・木曜・土曜に担当している。

 降板から13年、長いブランクを経て『報ステ』に戻るが、そこにはこんな裏事情がある。

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン