• TOP
  • グラビア
  • 岩佐真悠子 渋谷交差点ビキニ撮影で警官に注意された思い出

グラビア

2018.08.31 16:00  週刊ポスト

岩佐真悠子 渋谷交差点ビキニ撮影で警官に注意された思い出

お巡りさんに注意された1枚(『04夏』2004年、講談社MOOK、撮影/根本好伸)より

「いわまゆ」の愛称で人気を博した、グラビアアイドル・岩佐真悠子。かつて彼女は、渋谷のスクランブル交差点で行ったビキニ姿でのゲリラ撮影で警察官から「それ以上脱がないで」と注意された経験があるという。その「思い出の1枚」について、本人が語った。

 * * *
 当時はグラビアの仕事がメインでした。「水着を着ない日はない」生活で、正直、撮られることに慣れてしまっていたんです。

 でもこの写真集は、渋谷をビキニ姿で歩いてゲリラ撮影をしたり、地元の友達を呼んで夜のクラブで踊りながら撮影をしたりと、シチュエーションが刺激的で楽しかったのを覚えています。

 特に早朝に撮影したこの写真は、酔っ払いのおじさんに、「ネェ~ちゃん、何してんだぁ」って絡まれたり、お巡りさんからは「それ以上は服を脱がないでくださいね」と優しく注意されました(笑い)。大らかな時代だったなって感じがしますよね。

 渋谷の街並みも今とはずいぶん違うし、時代を記録するという意味でもメモリアルな写真ですね。

【プロフィール】いわさ・まゆこ/1987年、東京都生まれ。16歳で「ミスマガジン」のグランプリを受賞し、グラビア界を席巻。現在はドラマや舞台など女優として活躍。

※週刊ポスト2018年9月7日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス