• TOP
  • 国内
  • 夫の不倫相手の8割、妻よりも容姿が劣るらしい

国内

2018.09.03 07:00  女性セブン

夫の不倫相手の8割、妻よりも容姿が劣るらしい

探偵事務所「MR」の岡田真弓社長

「浮気された妻=サレ妻」を主人公にしたドラマが話題だ。中谷美紀(42才)主演の『あなたには帰る家がある』(TBS系)、年初の『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)では仲里依紗(28才)が浮気された妻を好演した。

 芸能人の不倫報道も続き、不倫は私たちの生活に身近なものとなっているのかもしれない。実際に、性生活に関するさまざまなアンケート調査を見ると、およそこの20年で不倫率は2倍に増えている。

 では、なぜ夫は不倫に走るのか?

 不倫相手の容姿が妻より優れているから不倫関係が続くと考えている人は多い。ところが、現実は異なると語るのは、東京・池袋に本社を置き、全国に相談室を展開する探偵事務所「MR」の岡田真弓社長だ。探偵事務所「MR」は、不倫調査で写真などの証拠を掴んでも、ただ依頼人に渡すだけでなく、女性スタッフが無料カウンセリングを行うという“アフターフォロー”にも取り組んでいる。

「相手の外見だけを見て不倫していたら、断然別れさせやすい。外見のいい愛人にはその夫との不倫以外の可能性も多いんです」

 逆に妻より容姿が劣る場合は不倫関係を断ちにくい。

「ウチに依頼に来るケースでは、夫の不倫相手の8割が奥さんより容姿が劣る女性です。そういう人は男性に好かれた経験が少ないため、相手に全力で尽くします。妻に物足りなさを感じている夫としては、至れり尽くせりに感じてしまう。しかも、こうした女性は次の相手が見つかりにくいので“今カレ”に固執します。

 仮に不倫関係を断っても、その後のケアを怠ると不倫夫に何度もアプローチしてくるし、夫としても愛人を放っておけない。そのうちに夫婦関係が破綻することになります」(岡田さん)

※女性セブン2018年9月13日号

関連記事

トピックス