車に乗り込む也哉子(2018年5月)


「本木さんは、手術前に希林さんが夫の裕也さんに“もしものことがあったら…今までいろいろ悪かったわね”と電話をし、裕也さんが“おーそうか、こっちこそ悪かったな”と応じたことも話しました。ただ、あえてそういったエピソードや危篤だったことを明かしたり、希林さんの自虐的なイラストを見せるなど、“元気だ”ということをアピールしているようにも思いました」(テレビ局関係者)

 樹木は声が出ない中、筆談で生活を送り、リハビリに励んでいるという。本木は「全治6週間」と説明しているが、実際にはそう楽観視できる状態ではないようだ。

「肺に取り込める酸素の量が少ないため、息苦しい状態が続き酸素マスクをつけています。食べ物を誤嚥してしまった際に吐き出す力がないので、流動食しか口にすることができないそう。寝たきりの状態で、全身の筋肉も落ちている。体は至るところがチューブでつながれており、見た目は痛々しいです。動ける状態ではないため、試写会への登壇は断念せざるをえず、外出は叶いませんでした」(前出・知人)

◆寝たきりになり体に負担がかかる

 樹木は長きにわたる闘病を続けてきた。乳がんが見つかったのは2004年夏。翌年には右乳房の全摘出手術を受けたが、2008年頃にはがんが副腎、脊髄にまで転移していることが判明。以降、受けてきたがん治療は実に30回にもわたる。

 2013年3月には日本アカデミー賞授賞式で「全身がん」宣言をし、世間を驚かせた。それでも公の場では決して笑顔を絶やさず、「死ぬ死ぬ詐欺です」と自嘲してきたが、体調が思わしくなく、苦しそうなことも多かったという。

 そんな樹木に、一時も離れることなく寄り添っているのが、娘の也哉子である。

「今年5月にカンヌ国際映画祭で『万引き家族』が最高賞のパルムドールに輝き、出演していた希林さんが授賞式のためにカンヌに赴いたときもそうでした。希林さんが車から降りる時は也哉子さんが必ず介助し、歩く時は傍らでサポート。常に希林さんの近くで様子を見守っていました」(カンヌを取材したメディア関係者)

 現在も常に樹木に付き添い、必死の介護をしているという。果たして、樹木の病状とは―清水整形外科クリニックの清水伸一院長が説明する。

「樹木さんが“チタンを入れた”ということは手術を受けてプレートで固定したり、人工関節を入れた可能性が高い。一時的に危篤状態になったということは、術後に出血して貧血を起こし、心肺機能が低下したことが想定されます。また、術後、寝たきりの状態が続けば、静脈がうっ血し、血液粘度が上昇して血栓が飛ぶことがある。その症状を『深部静脈血栓症』といい、血栓が肺に流れたら『肺塞栓』、脳に流れれば『脳塞栓』が起き『脳梗塞』にいたる可能性もあります。いずれにせよ、体は大きなダメージを受けているはずです」

 大女優の、一日も早い復活が望まれる。

※女性セブン2018年9月20日号

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
山田邦子
天下を取った女性芸人・山田邦子が語る「テレビが求心力を失った理由」と「傷つけないお笑いへの疑問」
女性セブン
呼吸困難、頭痛など後遺症の組み合わせは多岐にわたる(写真/PIXTA)
疑われ始めたワクチンの効果 追加接種に積極的な国ほど感染者増、自然免疫力への悪影響も
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン