• TOP
  • 国内
  • 「平成四年」はどんな年? 冬彦さん現象や「ねぇ、チューして」

国内

2018.09.11 16:00  女性セブン

「平成四年」はどんな年? 冬彦さん現象や「ねぇ、チューして」

貴りえ婚約も。平成四年にあった主な出来事

 平成最後の夏を迎えている。あなたは、平成の出来事をどれくらい覚えているだろうか? ここでは、平成四年(1992年)を振り返ってみよう。

 夏季冬季、2つのオリンピックが開催された平成四年。冬季では日本過去最多のメダル7個を獲得。夏季のバルセロナ五輪では、女子水泳で14才の岩崎恭子が日本初の金メダル。女子マラソンで有森裕子が銀メダルと、合計22個のメダルを獲得した。

 3月、東海道新幹線に300系『のぞみ』がお目見え。東京~大阪間の所要時間が2時間半に短縮された。

 10代のカリスマとして人気を博した歌手・尾崎豊が急逝したのもこの年。東京・文京区の護国寺で行われた追悼式には、約4万人のファンが集まった。また、同年10月には女優の太地喜和子が乗っていた車が海へ転落。48才という若さでこの世を去った。

 1月の大相撲初場所で19才5か月の史上最年少優勝に輝いた貴花田と宮沢りえが11月に婚約会見。手と手をつないだラブラブ会見後わずか2か月で破局。

 前年から年末年始を挟んだ約20日間、ダスキンのCMキャラクターに起用されると同時に一躍国民的アイドルとなったのが、100才の双子姉妹「きんさん・ぎんさん」こと成田きんさんと蟹江ぎんさん。

 新語・流行語年間大賞のほか、「うれしいような、かなしいような」、貴花田と宮沢の婚約の感想を求められて答えた「はだかのおつきあい」も語録賞を受賞。

 テレビでは、ドラマ『ずっとあなたが好きだった』(TBS系)の冬彦さん現象が巻き起こり、アニメ『美少女戦士セーラームーン』(テレビ朝日系)の決め台詞「月に代わってお仕置きよ」が子供たちに大流行。

 化粧品CMからは「ねぇ、チューして」と唐沢寿明におねだりする水野美紀がブレーク。商品では、ワコールから胸を寄せて上げる『グッドアップブラ』。プチプチとした新触感のタピオカを用いた食品も大ヒットした。

■平成四年の主な出来事
1月7日  米ブッシュ大統領来日
3月5日  千葉・市川一家4人殺人事件
4月7日  日本初の顕微授精ベビー誕生
4月25日  歌手の尾崎豊(享年26)が死去
6月15日  国際平和維持活動(PKO)成立、自衛隊カンボジア派遣(9月~)
7月25日  バルセロナ五輪開幕
10月23日 天皇皇后両陛下が初の中国訪問
11月27日 貴花田と宮沢りえが婚約会見
12月1日  きんさんぎんさんが新語・流行語大賞の年間大賞を受賞
12月19日 『クイズダービー』(TBS系)放送終了。17年の歴史に幕
12月31日 チェッカーズが『第43回NHK紅白歌合戦』出場を最後に解散

※女性セブン2018年9月20日号

関連記事

トピックス