国内

天皇皇后と皇太子夫妻 視察先の食事代金には「差」があった

情報公開請求でお財布事情が明らかに(写真/JMPA)

 憲政史上初となる天皇の譲位によって、皇室には前例のない数々の変化が訪れる。そのなかでも、とりわけ大きく変わると考えられるのが、天皇家の「お金」である。膨大な量の開示資料から、その一端が垣間見えてきた。

 例えば、天皇皇后の行幸啓や皇太子の地方視察など国内の公務で鉄道を利用する際は、一両丸ごと借り上げる。

 2016年7月に皇太子一家が神武天皇山陵参拝のために京都・奈良に足を運んだ時には、「御乗用列車」(皇族が利用する臨時列車)が運行され、東京~京都~橿原神宮間の「御乗用列車座席借上料」として約65万円が支払われた。対して、秋篠宮家の地方視察では一般客と一緒に新幹線グリーン車を利用している。

 また、天皇皇后が視察先の県知事らと食事をした際の代金は1人あたり8000円。対して、皇太子夫妻は1人あたり7000円とされており、1000円の“傾斜”がつけられていた。

 皇室ならではの慣例もある。天皇皇后は、2016年秋、東日本大震災の被災地視察のため岩手県を訪れた。宿泊したのは、「三陸花ホテルはまぎく」と「ホテル千秋閣」に2泊ずつ。代金は、「報償費」として92万円が支払われた。

「天皇皇后に代金を請求するのが憚られた時代の名残で、お礼の意味合いのある『報償費』として宿泊代金と従業員への手当を合わせて支払っている」(宮内庁関係者)

※週刊ポスト2018年9月21・28日号

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン