• TOP
  • 芸能
  • 田中圭 『ゴチ』で「ギャップ萌え」、役者業にはどんな影響?

芸能

2018.09.29 07:00  NEWSポストセブン

田中圭 『ゴチ』で「ギャップ萌え」、役者業にはどんな影響?

『ゴチ』出演は役者業にどう影響?

 2018年春ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)がツイッターで世界トレンド1位になるなどヒットし、ドラマと共に大ブレイクを果たしたのが主役の田中圭(34才)だ。その後、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)に出演。次に田中が注目を集めたのは、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)のコーナー『グルメチキンレース ゴチになります!』出演だった。今後、田中はどのような魅力を発揮するのか。新たな可能性に迫る。

 田中は16才の時にCMでデビューして以来、多くのドラマに出演してきたが、代表作と呼べるものに恵まれなかった。そんな田中が、おっさん同士のピュアなラブストーリーを描いた『おっさんずラブ』で33才にして一躍、注目俳優の仲間入りを果たした。

 イケメン評論家の沖直実さんが語る。

「これまでわかりやすいキラキラのイケメン役をやらなかったせいで遅咲きでしたが、二枚目ばかりやってこなかったことが、今につながっていると思います。高橋一生さんもそうですが、演技のふり幅が広く、これから息長く活躍していくでしょう」(沖さん・以下「」内同)

 沖さんいわく、田中の俳優としての魅力は「イケメン過ぎないこと」だという。

「山崎賢人さんや吉沢亮さんのように美しい顔の俳優さんは、演技は素晴らしいのですが表情の印象が強い時もあり、視聴者の目線は顔にいきがちです。その点、田中さんや鈴木亮平さんはいい塩梅のイケメンで演技に集中できる。キラキラ王子役に飽きてきた女性が、味わい深い男性を探し始めたのも、田中さんがブレイクした理由のひとつだと思います」

『ゴチ』には、今年2月に亡くなった大杉漣さん(享年66)の後を引き継ぐかたちで、新メンバーとして加入。初回放送日の9月13日には、ツイート数の多さから「田中圭」が世界トレンド入りし、番組は13.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率を記録。その人気ぶりを改めて知らしめる結果となった。

「『ゴチ』ではテンション高めで場を盛り上げ、バラエティー力を発揮していました。ドラマとはまた違った姿に、“田中さんが出るなら毎回ゴチを見る!”“学ラン姿がイケメンすぎて尊い“など、SNSでも田中さんの話題でもちきりとなりました。彼の『ゴチ』出演がこれだけ話題を集めたのは、“彼と一緒に飲んだら、ああいう感じかな”などと”素の姿”をファンに想像させたことだと思います。

 へんにかっこつけたりして気負わず、ありのままの姿を出している感じがしました。ちょっとテンション高めだったりして、ドラマでのかっこいい姿とはまた違った素顔を見ることができた。女子にとっては、まさに“ギャップ萌え”だったと思います」

 絶賛ブレイク中とはいえ、俳優として中堅という立ち位置も、バラエティーにはちょうどいいという。

関連記事

トピックス